【小説のあらすじ】
ある中学校の教室で男子たちがコッソリと行っていた「解剖」。解剖とは、その日に決められた生贄が服を脱がされ性器をさらすこと。そこに興味本位で見学に行ってしまったクラスメート舞子の末路・・・・
デカチンと処女のセックス
 

松本君が中学一年生の時に行われていた『カイボウ』は、今思えば悲惨なものでした。

『カイボウ』とは、服を無理矢理脱がせたり、脱がせたあとに性器を観察する事です。

しかし、松本君のクラスでは、単に脱がせるだけではなく、その子にオナニーさせて射精までさせるという酷いものでした。
これは松本君が知ってるだけでかなりの人が被害に遭っていたそうです。

場所は、放課後の教室です。
女子が全員帰り、教室に仲の良い男子だけになると、その時間が始まるのです。
普通なら、みんなの前でオナニーなんて絶対断るとお思いでしょう。
しかし、松本君のクラスでは、断るとみんなに押さえつけられて、あるヤツ(竹内君としておきます)に、しごかれてしまうのです。
それが怖いので、射精した人も何人かいるのです。

実は、その竹内も命令されて射精した一人です。
彼はちょっと殴るふりをして脅せば何でもやるのです。
しかし、平気でやるヤツもいて、クラスには目立ちたがり屋のちょっとツッパったヤツなどが居て、そいつなどは平気でしていました。
しかし、彼は射精しなかなったので、一番つっぱったヤツがみんなに命令して、みんなに押さえつけさせました。
そして彼もまた竹内君にしごかれていました。

そいつは出してしまって、「出したのは初めてだ」なんて言っていました。

おそらく、こういう体験を見て、しごき方を覚えたヤツとか多かったと思います。

実は松本君自身、竹内君にされた事があります。
信じられないでしょうが、はっきり言って普通のセックスでは味わえない気持ち良さだったそうです。
今や大人になった松本君には好きな彼女がいて、その子とセックスしているそうですが、あの時の快感の度合いには到底及ばなかったそうです。

子供の頃、電気按摩がくすぐったいけど、非常に気持ち良い感じがありましたが、あれと同じ種類だと言っています。
大体、半分くらいのヤツは、そうしてしごかれて出してしまったと思いますが、出さなかったヤツは下半身裸で廊下を隅から隅まで走らされる刑をされていました。
これは、空いている教室が多かったため出来た事でしょうが、かなりのスリルがあって、露出の快感があったそうです。

こういう事をしていたのですが、やがて『カイボウ』の事を女子の一部にも話すようになったそうです。
そして、クラスでも可愛い子(舞子としておきます)に「見に行かない?」と誘ったら、舞子が『カイボウ』を見に来ました。
その時、されたのが誰なのかは忘れてしまったそうですが、舞子に見せるやるために、射精した方がいいという事で、一度射精したヤツが選ばれました。
しかし、そいつは嫌がって、やりません。
当然でしょう。
中学一年ともなれば、女子の前で裸になるだけでも恥ずかしいのに、ましてやオナニーなんて、同性にだって絶対見せたくないものです。
彼は断っていたそうですが、結局、みんなが「脱がせー」と叫んで、舞子の見ている前で、服を脱がしてしまいました。
その子は、泣きそうになりながらも、竹内君の手慣れた手つきに必死に耐えていましたが、やっぱり射精させられていました。

舞子は驚き、喜んでいました。

すると、今度は舞子がオナニーをするように言われました。
ちょっとだけで良いからと頼むと、舞子はみんなの前で一瞬だけ服の上から、あそこをさするような仕草をしてみせました。
舞子にとっては軽い冗談のつもりだったのでしょう。
しかし、それが男たちに火をつけてしまいました。

男たちは「最後までやれ」と言いながら、勢いで彼女のスカートと白の下着を脱がせてしまったのです。

舞子は大声で叫んでいたそうですが、他の生徒はみんな帰ってしまっています。
もちろん舞子は必死になって脱がされないようにパンツを掴んでいたそうですが、そういうのを脱がす事に、みんなは慣れていたのです。
今までもふざけて女子のパンツを下ろそうとしたり、スカートを茶巾などにしていましたが、それはあくまでふざけてしているだけで、本当に脱がせたりしません。
茶巾にされた女の子が騒いだり、脱がされそうになった子が騒ぐのが面白かっただけなんです。

しかし今回は違いました。
そうなったのは竹内君の責任が大きいと松本君は考えています。
もし脱がせられないと、竹内君があとでツッパリ君に責められていましたから、竹内君がたぶん一番強く下着を引っ張ったのだろうと推測しているそうです。

それはともかく、みんなの前に曝け出された舞子のあそこは、とてもきれいなピンク色で、まだ毛は生えていませんでした。
男子全員が、思わず唾を飲み込みました。
松本君も、あまりの刺激に頭がぼーっとしてきたそうですが、他の男子も同じだったのではないでしょうか。

臭いも独特の臭いがあったそうです。
どのような臭いかは説明しにくいのですが、とにかく興奮させるような、それでいて鼻を刺激しているような臭いだったそうです。
しかし、勢いで脱がせたのは良いけど、ツッパリでさえ怖くて舞子のあそこを触れません。
何となく後で大変な事になると、誰もが分かっていたようでした。

ところがその場に一人だけ、そういった事がわからないヤツがいました。

竹内君です。
普通の男なら中学生にもなれば、他人のチンポは触りたくないものですが、竹内君は平気で触っていました。
竹内君はそういうヤツだったのです。

そして竹内君が触ってしまったのです。

どうするのか分からないので、竹内君は適当に触ってるだけでしたが、それを見ているだけでも興奮ものだったそうです。
やがて、ツッパリが指示して、「襞をめくってみろ」とか、「突起を弄ってみろ」とか、「おまんこの穴を探せ」などと言っていました。
竹内君は一生懸命、襞をめくって見せたり、穴を探したりしていました。
実は、女の子の穴が二つある事も、この時に知ったそうです。

舞子も騒ぐのをやめ、静かになっていました。
きっと生け贄にされていた気分だったのではないかと思います。
その後、「舞子は小便をちびった」と誰かがバカにしていましたが、もしかすると彼女は濡れていたのかもしれません。

それから舞子が泣きそうになったので、すぐやめて、みんなで謝りました。

その体験があまりにもすごくて、それからは舞子に言いつけられるのではないかと、学校に来るのが本当に怖かったそうです。
しかし、一週間もすると、怖くなくなったそうです。
もう安心したのでしょう。

そして土曜日、舞子ちゃんは二度目の生け贄になったそうです。

この時は、その場にいた何人かにフェラチオさせられたのです。
みんなの前でチンチンを出すのは恥ずかしいので、ツッパリに命令された人がさせられました。
実は松本君もその人で、これが最高に気持ち良かったそうです。

「今まで一番気持ちよかった体験だ」と言っていました。

舞子ちゃんの舌が亀頭を舐めたり、強く吸ったりすると、腰が抜けたような感じになり、漏れるように射精したそうです。
大人になった松本君は、風俗などにも行きましたが、未だにあの時の気持ちよさは味わえないのだそうです。

おしまい

後書き。
ある人が言うのには、「子供の頃の電気按摩は気持ち良い」だそうです。
子供の頃にかけられた電気按摩は本当に気持ち良かったけど、大人になって同じ事をされても気持ち良くないそうです。
あの時の敏感さを取り戻せたら、もっとセックスも気持ち良いのでしょうか。