【小説のあらすじ】
 優子(39バツイチ)はいつも優しくしてくれる会社の男性(既婚者)と初めてドライブデートすることに。久々の恋人気分に酔いしれる優子は、場末のホテルで男性からアナルを舐めたいと迫られる末路・・
焦らしプレイでアクメ懇願
 

私は39歳のバツイチです。
離婚してから子供(高一)と二人暮らしです。

お勤めをしている会社の直属の男性(既婚者)といけない関係を続けています。
いつも優しく接してくれて、お茶に誘ってくれたり、夕食に連れて行ってくれたりしてしました。

そんな春のある日、「会社が休みの日にドライブに行こう」と誘ってくれ、朝からワクワク気分で、私なりにお洒落をして出掛けました。
もし知った人に出会うといけなからと、かなり遠くまで出掛けました。
まるで恋人同士のようにいい気分でした。

昼食が終わって、しばらく快適に車を走らせていたら突然、一軒の派手な作りのホテルにあっという間に車をすべりこませました。
前夫とは恋愛時代、何回かこのようなホテルに入ったことはありましたが、あまりの突然のことでびっくりしてしまいました。
前夫と離婚して早や5年になり、セックスも以来していませんでした。

彼は私の身体を押し込むようにドアを開けると、そこは昔入った頃を思い出すほどいかめしい雰囲気の電気と大きなベッドが置いてありました。
部屋に入ると力いっぱい抱きしめられ、キスをされました。
拒むことも忘れ、彼の腕の中に抱かれ、熱いキスにもうすべてを任そうと思いました。

キスをしながら胸を揉まれ、お尻を撫でられた後、お風呂に湯を張って欲しいと言われ、キスを中断して浴室に行きました。
蛇口を捻りながら、“これから抱かれるんだ”と、本当に初めての時のように胸がどきどきしていました。

「一緒に入ろう」と言われ、すごく恥ずかしかったのですが、彼について行きました。

彼の股間はすでに大きくなり、上下に動いていました。
本当に久しぶりに見る男性のそれに思わず喉が鳴るのを彼に知られまいとするほどでした。

彼に「身体を洗って欲しい」と言われ、ソープを付けて身体を洗ってあげていると彼は私の前に仁王立ちになり、「今度はここを気持ちよく洗って欲しい」と腰を突き出すようにしてきました。

私はしゃがんでそっと彼のいきり立ったものを握り、丁寧に洗いました。
一緒にバスタブに腰を下ろそうとすると、私を後ろ向きにして、彼のお腹の上にしゃがんでくれと言うのです。

そうなんです。
お風呂の中で挿入したいと言い出したんです。
こんな恰好でのセックスは前夫とも経験ありませんでした。

お湯の中でいきり立つ彼のモノを彼は手で握って、しゃがもうとする私のお尻のあそこにあてると、そっと腰を下ろすように言われ、そして・・・インしました。
後ろから彼の手に私の両方の胸を揉まれ、なんとも言えない気持ちになってしまいました。
ずっと押さえてきた感情が一気に爆発したようでした。

お風呂を出て部屋に戻り、ベッドに行き、彼は仰向けに寝て、お腹に引っ付くようになっているいきり立った彼のモノを口に含んで欲しいと言われ、黙って従いました。

何年ぶりのことでしょう?
口に含むと彼はそれを私の喉の奥に突き立てるほどでした。

彼はその後、「もう我慢できない。四つん這いになってくれ。貴女のアナルを舐めたい」と。

さすがにそんな恥ずかしいことなど出来ません。
見られることさえ抵抗があった私は首を振ると強引に私を四つん這いにして、私の大きなお尻を抱き、お尻に口を持ってきて舐め始めました。
そしてその舌がとうとう私の恥ずかしい二つのところに来て・・・前夫にもされたことがない、両方のあそこを吸ったり舐めたりされました。
想像するだけでも、淫らな格好の私です。

すっかり濡れてしまった私のそこに彼のモノが侵入して、腰を前後に振っていると次第に溢れてきて、すごく恥ずかしかったです。

「中に出してもいい?」と聞かれ、「それだけはダメ」と言うと、彼はベッドの宮に置かれていた避妊具を付けて再度私の中に入り、射精してしまいました。

どのくらいそこにいたでしょうか?
その間、お互い全裸のまま何度も愛し合いました。

帰りの車の中でも彼は自分のズボンの前のファスナーを開け、ずっと私に片手にそれを握らされました。
恥ずかしいのでその上に私のセーターを被せていました。

送られて家に帰ってもその日のことが頭から離れず、その日は子供にも気分が悪いと言って早く布団に入り、その日一日のことを思い出していると我慢が出来なくなり、布団の中でショーツを脱ぎ、自慰をしてしまいました。

やはり、女なんですね。
一度火がついてしまうとどうにもなりません。
以来、何度もその時のことを思い出しながら自慰をする日々でした。

それからは仕事が終わると車の中で、彼のモノを口に含んだり、人気のないところに車を停めてのセックスをするようになっています。
私が生理の時は口に射精させてあげて、彼のモノを飲んであげています。

結婚は出来ませんが、その日以来、性欲は満たされ、楽しい日々を送っています。