【小説のあらすじ】
 アパレル系の男性店員は、ある日常連の女の子(ミホ)に誘われてホテルで関係を持った。しばらくして久々にミホに連絡をとったところ、ミホは姉のナオコと飲んでおり合流する事になった結末・・・・・
顔面騎乗位で放尿した体験談
 

オレが服屋で働いてた時に常連だった女の子、まぁ仮称でミホとしましょう。
当時は彼氏とよく来ていたのですが、ある日1人で現われました。

「あれ?彼はどうしたの?」と聞くと「別れた」と笑いながらミホは言います。
まぁその愚痴を聞いてあげてたんだけど、なんせこっちは仕事中だったから店終わってから聞いてあげるという事で、その夜、ご飯を食べに行きました。
ミホは最初からオレと寝るつもりだったらしく、ホテルへと誘われ、美味しいなぁと思いながらミホとやりました。
ま、ここは普通のセックスなので飛ばしますね。

その後、何度かミホと寝ましたが、いつからか連絡を取らなくなりそのまま疎遠になっていました。

そして・・・

ある夏の日の事でした。
ツレとそいつのマンション(3LDK)で女のネタは無いかと2人の携帯をまさぐっていました。
で、飛び込んで来たのがミホです。
早速懐かしさも合せて電話する事にしました。

「もしもし?◯◯!久し振りじゃん!」

ミホは連絡が途絶えていたにも関わらず、嬉しそうに電話に出てくれました。

「今何してんの?」とオレが聞くと、「お姉さんと一緒だよ」との事。

「2人で飲んでるの。◯◯も来る?(笑)」

丁度こっちも2人で暇してるからという事で、合流する事になりました。

急いで店に向かう2人、ミホに姉がいるなんて初耳でしたが、とりあえずは男2人という状況を脱する事が出来たと喜んでいました。

そして店まで来るとミホ姉妹はちょうど店から出て来るところでした。
ミホは元々ナイスバディで派手目なコでしたが、姉はミホとは対照的に、大人びた落ち着いた雰囲気の人でした。
仮に姉はナオコとしましょう。

合流したところで、まずはカラオケに行こうという事になり、近くのカラオケに行きました。
かなりの酒をそこで飲みましたが、みんな強いのか、なかなか酔いません。
オレは結構酔ってたので、その頃からふつふつとエロ魂が湧いてきていました。

ミホの横に座り、耳打ちでミホにこう伝えました。

「姉ちゃん、やってもいい?」

ミホは笑いながら、

「うーん、ナオがいいっていうなら、いいんじゃないかな?」

その時もう、オレの息子は勃起してますた。

カラオケも程々にしたので、一旦店を出ようという事になり、全員で車に移動します。

さてどうするという時に、ツレが「暑いからプールに行こうか?」と提案してきました。

「おお!行こう行こう!!」と盛り上がりましたが、時間は既に深夜12時を回っています。

オレがツレに「何処のプール行くの?」と聞くと、ツレは不敵な笑みを浮かべ、車を猛スピードで走らせました。

着いた先は某小学校。
そう、小学校のプールに侵入しようという事だったのです。

もうノリノリの姉妹は「イェーイ!」とか叫びながら車をそそくさと降りて行きます。
もちろんオレも(・∀・)ニヤニヤして降りました。

プールまでは簡単に辿り着きましたが、金網フェンスで入る事が出来ません。
で、ツレは準備がよくてペンチ(大型)を持ってきて金網を破り、見事プールに侵入しました。
オレとツレはすぐさまフリチンでプールに飛び込みました。

「ミホ達も来れば?」と言うと、姉が困り顔で、「水着ないから(笑)」と言います。

オレが即座にミホに目配せすると、ミホはそれに気付き「私も入ろ♪」と服を脱ぎ始め、ブラ&パンツでプールに飛び込んできました。

姉は少しびっくりしていましたが、そのうちどうしようもないわねという顔をして笑いながら見ています。
オレはフリチンのままプールを上がって姉に近付き、「入ろうぜ」と誘うと「私はいいよ」と断ってくるので、強引に手を引き服のままプールに落としました。

「もう、いやだー」と言いながら、姉は楽しそうに笑っています。

そこでミホ達を見ると、既に2人は引っ付きあってキスしたり胸揉んだり色々やってます。

オレも姉のナオコを抱きしめ、キスしてみると先ほどのノリの悪さが信じられない程舌を絡ませた濃厚なキスをしてきます。
ビンビコビンのチンポを掴み、上下してくるのでオレも負けじとナオコのアソコを直接触りました。
真夜中の小学校のプールに、服を着たままの女を半ば犯すようなシチュエーションに激しく射精感を覚えましたが、なんとか我慢していました。

ナオコの耳元で、「後でゆっくりこの続きをしよう」と言うと、「ホントにしてくれる?」と、もうノリノリのエロエロです。

ツレとミホを呼び、プールを後にしました。

さて、向かうはツレの無意味に広い3LDKのマンションです。
姉妹は何も言わずにマンションへとついてきました。

一応シャワーを浴び、濡れた服や下着を乾燥機に入れて、2人はツレのTシャツと短パンをそれぞれ借りてもう一度飲み始めました。
30分くらいは4人一緒でしたが、いたずらして電気を消し、見事オレと姉、ツレとミホと部屋を別れました。

さて、さっきの続きですので簡単に服を脱がし、まずはゆっくりフェラをさせました。
姉のナオコはホント清楚な顔付きで、とてもそんな事するようには見えないのですが、ねっとりと亀頭から竿、はたまた玉からケツの穴までしっかり舐めてくれます。
オレは姉のアソコに手を這わせてみると、もう恐ろしい程ぐちょぐちょでした。
そのまま喰わえさせた状態で、69の体勢にもってゆきます。

もうぐちょぐちょになった姉のアソコは舐めるまでもなく準備万端でした。
それでも姉妹丼という、これまたAVのようなシチュエーションに、オレの脳みそは完全にいかれてます。
じゅるじゅると音をたてて姉のアソコを舐めたてると、壁の向こうに妹のミホがいるにも関わらず「はぁぁぁぁん、いい、いいよ・・・も、もっとして・・・」と大きな喘ぎ声を出し始めました。

口と手を使い分け姉を攻め立てます。
その攻めに耐えるためなのか姉はオレの息子を全て含み、大きなグラインドで上下させます。

(くっ、気持ちいい・・・出ちまう・・)

そう思い、一気に体勢を正常位に変え、指2本による激しい手マン攻撃を加えます。

「ああああああぁぁぁぁぁぁーーー!」と、絶叫のような声を張りあげ、背中を大きく反りあげるとビクっ、ビクっと痙攣を繰り返しました。

その時、布団におねしょかと思えるくらい潮を吹きあげました。
姉の顔を覗き込むとはぁはぁと顔を赤らめ、潤んだ瞳でオレを見て「凄いよ・・・早く◯◯のちょうだい・・・」と小声で言ってきました。

さぁ、いざ姉妹丼の世界へ!と思いましたが、ちょっと隣室も気になったので耳を澄ませてみました。

すると「ぁぁ、ぁぁぁ、ぁっ、ぁっ、ぁあ!」と悩ましく聞こえてきます。

もう爆発寸前の息子をゴムも付けずにぶち込みました。

「ああっあっあっあっ!大きいよ!!大きくて凄く固いぃぃ!!!」

姉のナオコも叫ぶように喘ぎます。

腰の動きに合せて同じように腰を振り、「あっああん、はぁぁん、あっ」と激しく喘ぎます。
隣室からも「ぁん、ぁぁん、ぃぃょ、はぁぁん」と聞こえてきます。

もう凄い興奮状態です。

オレが姉に「イキそうだよ」って伝えると、「顔にかけて!」と恥じらいも無く言ってきます。

姉妹ステレオ喘ぎ効果に負けて、顔までもたず大量にお腹の上に出しました。

隣室もツレの「出るよ」って言葉が聞こえてきました。

お互い男だけ顔を合せ、一息ついた後、部屋を入れ替わりました。

ミホはもう何度か身体を重ねているのでどっちでもよかったんですが、姉妹同時というシチュエーションにいつも淡白な息子は臨戦体勢にありました。
ミホにキスをしてから、「どうだった?」と聞くと、「◯◯の方がいい」と笑いながら答えてくれます。
お世辞でも可愛い奴だと思い、愛撫もそこそこに(ツレが舐め回したから)フェラをさせ、そのまますぐにぶち込みました。
いつになくパワーのある息子にミホも激しくよがります。

「凄いよ!凄い!!前と全然違うよぉ」と騎乗位で激しく腰を振ります。

そこからバックに体勢を変えた後、まさにAVの世界を味わおうと考えました。

そうです、姉妹揃っての4Pです。
ミホを壁伝いに立たせ、後ろからそそり立つ息子をぶち込み、そのまま隣室へと移動して行きます。
隣室では薄暗い部屋でツレの後ろ姿が見えました。
どうやら奴は正常位でやってるようです。
姉の声もはっきりと聞こえてきます。

ツレの肩を叩くと、少しびっくりしたような顔をしましたが、ニヤリと笑うと電気をつけました。

そこに映し出された光景は、まさにAVの世界です。
ミホとナオコは決してそっくりな姉妹ではないのですが、そこはやはり血の繋がった姉妹、やはり面影はあります。

最初、姉のナオコは「やだ!」と抵抗しましたが、ツレの激しい突きに我を忘れそうです。
ミホはオレの腰つきに乱れながらもこの情景を楽しんでいるようです。
ツレはナオコを起こすとすかさずバックで息子を姉に突き立てました。

オレとツレはミホとナオコを向かい合わせるように体勢を変えました。

2人の喘ぎ声が一つの部屋でこだまします。
それはどんな歌手より素晴らしい声でした。
姉妹も2人はお互いを手で繋ぎ止めあい、キスをし始めました。
その姿を見て、オレもツレも興奮状態がマックスです。

2人で声を上げて、「顔に出すぞ!」と言いました。

お互い激しくスパートをかけます。
姉妹の喘ぎ声が共鳴します。
それはそれは素晴らしいものでした。

「うぉぉぉぉ!」

どちらともなく雄叫びをあげ、激しく腰を振り切ります。
姉妹も声ともならないような激しい喘ぎ声を出し合ってました。

「いくぞぉ!」のかけ声に、姉妹も「来て、来て、キテー」と大音量で叫びます。

ほぼ同時に抜き、オレはミホに、ツレはナオコに顔射しました。
さっき大量に出したにも関わらず、2人とも結構な量で姉妹の顔にビュッ、ビュッと白い液体を出しました。
ミホもナオコも顔、髪の毛とべっとり2人の精子が付き、砕けるように床に堕ちてゆきました。

その後の気まずい空気は堪え難いものでしたが、二度とは経験出来ないだろうシチュエーションにそれ以上の満足感を得たと思います。

後日談ですが、ミホはあっけらかんとしたもので「また機会があればしようね!」と言ってました。
姉のナオコは、「恥ずかしいからその話は無しね」と言いつつも、「最高に気持ちよかったよ」と言ってました。

姉とは個別にその後何回かしたけど、あの衝撃からか淡白なセックスしか出来ず、切れちゃいました。
妹とも今はもう連絡取って無いので姉妹がどうなったかはわかりません。