【小説のあらすじ】
会社が倒産し、解散飲み会に参加したダイゴ(31)は事務員として働いていた暁美(26)をホテルに連れ込んだ。予想外に暁美は処女で痛がっていたが、構わず奥まで挿入し突きまくるダイゴの末路・・・
アヘ顔で中出しされる女
 

今年で31歳になるオッサンです。
子供が二人おります。

先月、会社が倒産しました!!(笑
・・・いや、笑い事ではないんですけどね。
今回は倒産の見返りに26歳の処女をゲットしたんでご報告させていただきます。

そのとき、会社の仲間内だけで「解散パーティー」というノンキな企画をやりました。
年齢があがるごとに「どーーしよーーーーー・・・」という感じで暗い会だったんですが、「もう飲むしかねぇだろ!?」ってことで体育会系のノリになりました。
ワインだ、焼酎だ、日本酒だ、氷の入れ物にミックスだ!・・・と、とんでもない状況になりました。

「旅のハジは掻き捨て」ではありませんが、「もう二度と会わないメンバーだ」と思えば、性別なく別れを惜しむわけです。

そんな時、他部門の26歳の事務員が声を掛けてきました。
パソコンにチト詳しい自分は、困った時のヘルプを何回かやったことがあったからです。

可でも不可でも無い普通のメガネちゃん。
足がチョイと太めちゃん。
エロオーラまったくなしです。

「本当にご迷惑をおかけしました」
「いや、いや。エ~んだよ。まぁ飲めよ」と言いながら、桃のような太ももにタッチ。

他の女子社員から「いやだ~ダイゴさん、エロイ~」と言われても、これまでならセクハラだ~なんだ~とあったワケですが、今日になったら関係ナシ!
触りまくりの飲ませまくりですよ。

・・・で、調子に乗って飲ませまくったためか、気分がお悪くなられた様子。

「大丈夫?送ってくわ」と他のメンバーが乱れ続けるなかドロン。

タクシーをちょっと走らせたらHホテル発見。
1件目は満室(笑

なんとか2件目でメチャ高い部屋が1室・・・。
なんでもヨカです。
ヤれれば。

べろべろでフーフーいってる26歳をベッドまで引きずりディープキス。
あうあう言っている間に素っ裸に剥いてみました。
Bカップぐらいの手ごろな胸を舐め、クンニしてやれば程よくぬれています。
ゴムを装着して、ググッ。

「い、いたい・・・・・」

?????

濡れてるのに何でや?と思ったら

「初めてなんです」

はぁ????

確かに指も入れず、シマリを楽しもうとした俺がいかんのだが、まさか御初物とは!!!

学生時代に2匹ほど初をゲットした自分が、生涯3匹目。
男女比率を考えると食いすぎでございます。

でも、知らずに指でかき混ぜていたら「処女膜突破=指」という悲しい結末だったんでヨシでございましょう。

というわけで、ツバ指を濡らしジックリまわりをほぐすコトに決定。
ヤッたことがなくとも26歳でございますんで、身体は成熟してますわな。
その前から濡れてるぐらいだし。
盛り下がってきはじめたら豆攻撃でフンフン鼻を鳴らしてます。

指遊びもエエかげん飽きてきたので、再度挿入を試みます。

「大きく深呼吸してね~。大丈夫、大丈夫だからね」

何かの雑誌で読んだのですが、根拠がなくても「大丈夫」と言われると潜在意識でリラックスできるようです。

内股に妙な緊張があるのは処女だけですね。
普通の正常位だと力が入って腰を前に出せないので、片足だけを肩にかつぎ反対の足はブラーん。
真正面ではなく少し斜めに身体を持っていくと痛さの反射力を逃がすことができるようです。

何回か入り口をコスったあと「ズブり」亀頭の1/3ぐらい挿入。
まだ余裕。
先っちょが引っかかった状態で体重を浴びせます。

「い”ーーーーーーー」

痛い!ではないリアルな反応は酔っ払っているから?

「大丈夫、もう入ったよ」

腰を軽く使っても、痛みがあるんで、ふうふう言うだけなのにツマラナクなり、入れながらマメをイジってみました(処女にやるなよ!)。

「あ”ーーー」

絶叫型のようです。
処女をイカせるなどという高等テクを持ち合わせていないのと、初回から延々ヤラれるのはシンドイだろうという自己満足で、さっさか射精態勢へ。

自分も酔っ払っていたんで、両足を担ぎ、一番深く入る体位でガンガン腰を使います。

「う”ーーーう”ーーー」と唸っていますが、知ったこっちゃありません。

「う”いくぞ!!!」

ゴムも付けてるんで、しっかり中出し。

退職金≒処女ゲット。

まぁ、しゃーないか。