【小説のあらすじ】
SMクラブで初めて体験した強制射精は男の常識を超越するものだった。ユリア(30)は男に恐怖感を与え続けながら寸止めを繰り返すという高等テクの持ち主だった末路・・・・・
五反田の女王様

 

「強制射精」って、つまり射精を他人にコントロールされるって事だと思うのですが、わたしは上野にある、いわゆるSMクラブで経験しました。

そのS女性は、拘束した男性の性器を玩具にして遊び、その射精を自由にするのが好きとの事でした。
プレイは「お任せ」でお願いしました。
床に大の字に寝かされた形で手足を拘束され身動きできない状態にされ、彼女のパンティを口に詰め込まれ、その上に猿轡を噛まされました。
皮製のアイマスクで視力まで奪われ、かなり緊張しましたが、その後あらゆる刺激がペニスと睾丸を襲い、痛いほどの勃起状態にさせられました。

そこから、彼女がもっとも好む「寸止め責め」が始まりました。

彼女は、「決して勝手に射精してはいけない。した場合は玉を思い切り平手打ちする」と、軽く叩いて脅します。
玉は軽く叩かれてもかなりの痛みがあるので、とにかく射精を我慢しようとします。
しかし、彼女の絶妙な刺激の仕方と緩急取り混ぜた「手コキ」に追い上げられて・・・。
腰が浮き上がり、まさに射精してしまいそうになります。

しかし、直前に刺激を止められてしまいます。

長年の経験で男が射精をしてしまう前兆が分かってしまうようです。
直前までの追い上げと停止を延々と繰り返されると、もう頭の中は真っ白になってきます。
“勝手に射精してはいけない”という彼女の命令は繰り返されますが、したくても直前で止められて腰が勝手にガクガクと前後する様になって、「射精させて欲しい」と繰り返し哀願するようになってしまいます。
そういった寸止めを時間の許す限り繰り返されて、もう自分の性器が自分の物でなくなったような気さえしてきた時に、最後の「強制射精」が行われます。
追い上げられ、また寸止めされると思うと・・・「出したら・・・わかってるわね」と、言いながら益々早く擦り上げてきます。

やがて我慢も限界に達して・・・。

それはもう金玉ごと飛び出すかと思うほどの射精をさせられてしまいます。
セックス等において、自分の意志でする射精とはまったく異質の快感がそこにはありました。
しばらく身動き出来ない程です。

彼女も大変楽しんでくれたようで、以後たびたび訪れては「寸止め&強制射精」をしてもらってます。