【小説のあらすじ】
メグミ(33)は結婚して8年になるが貞操を守っていた。夫には特に不満はない。が、ある日友人に飲み会に誘われたメグミはいとも簡単に初めて会った男に望んで中出しされる結末・・・・・
焦らしプレイでアクメ懇願


 

はじめまして。33のパート主婦です。
仕事はネット系の不定期職です。

元々OLの頃から自宅で出来る仕事に興味があって、前から同じ仕事をしている友人に紹介してもらって、今のパートをしています。
WEBデザインみたいな仕事ですが、実際は細かい地味な作業でストレスも溜まります。

ですので「女も結婚したからと言って家に閉じこもっていたら駄目になっちゃう。第一ストレス解消しないとね」との友人の誘いに、あまり深く考えることも無く、初めはついていきました。
『営業も兼ねて、一石二鳥な遊びだから』と言う友人の言葉に特に深い意味は考えなかった。

主人とは結婚してもお互いの友人関係は大事にしようと約束しています。
ですので、仕事関係の友人(もちろん女性)と、ちょっとストレス解消に飲みに行ってきますと言っても、疑われることも無くOKでした。

もうお気づきですね。
友人の誘ってくれる飲み会は男性と一緒でした。

今から思えば、「外に飲みに出る時くらいは独身気分で着飾ってみたら」という友人の言葉には、何か男性も相席する響きがあったかもしれません。
とにかく初めての時は驚きましたが、「彼女は新婚早々の人妻さんだから脅かしたりしないで、優しくしてあげてね」との友人の言葉に少し安心したりしました。

男の人は2名。
ちょうどカップルに別れる感じで楽しく飲み初めました。
飲むといっても酔わされるような事もしないし、本当に紳士的で優しくて気が付く方が相手で、ただ楽しい気持ちになってしまいました。
そしてごく当たり前のように友人は「今日は飲むー」みたいなノリで、2次会、3次会といつの間にか時間が経ってしまい・・・。
あっと思ったら、もう11時でした。
びっくりして家にかけたら夫も留守。

あれっ?これって私が留守だから夫も飲みに行ったのかなと思って夫の携帯にかけてみたら、彼も「遅くなるから」って。

更にその後カラオケに行っても良いとの許可までもらってしまって。
すごくどきどきしました。
だってカラオケに行く話はしてましたが、そんな事では済まないとわかっていましたから。
だって友人は2次会の最後の方からは、カップルになった男性と(実は仕事を頂いている企業の方です)かなり熱い感じでキスしたり、男の人の手がどう考えても彼女の服の下に入っていたりして・・・。

そんな時、友人が一言「この子、主婦だけど大丈夫だと思うよ」と言ったのです。

真っ赤になってしまって、「ちょっと、どういう意味よ」と言ったのですが、その時お相手の男性に脇腹を抱えられて引き寄せられて。

なぜかわからないです。
びりびりするほど、背中を快感が走ってしまいそのままキスされてしまいました。
後の事はあまり良く覚えていません。

ホテルへ連れ込まれる時も、服を脱がされる時も抵抗していた気がします。
でも一方で、すごく興奮していて、すっかり濡れているのを知られる事が恥ずかしかったです。
そして私も不倫妻になってしまいました。

友人とは過去には男性との事を詳しく話した事はありません。
ですが今回の一件をきっかけに同じ秘密を共有してる仲と言うか、親近感があって、何でも話せる間柄になりました。
恥ずかしいですけど、お互いのパートナーのおちんちんの大きさがどうだったとか、硬さがどうだったとか、どんなふうに入れられたかとか。
私は興奮していたので、コンドームをつけてもらう事を言い忘れていて久しぶりに夫ともしていない生挿入だったんですけど、友人も同じく生でセックスしたと聞いて興奮しました。
私は生理の周期から考えて、たぶん安全だろうなあと思ったので、中に出してもらいましたが、友人も同じく中で射精されたそうで、奇妙な一致に二人とも笑ってしまいました。

それにしても男性の精液って不思議ですね。
帰宅前にしっかり中まで洗って流したつもりでしたが、なぜか家の玄関に着く頃になって垂れて来て・・・。
もっとも旦那は酔い過ぎていたのか、ぐっすり寝ていましたので、夜のうちに濡れた下着は手洗いして、こっそり干しておきましたけど。

友人も似たような事を言っていましたが、そういうものなんでしょうか?