【小説のあらすじ】
夫を心から愛している妻(ユウ37歳)。しかし夫との夜の生活は満足できず、最近では濡れることもなくなった。妻は結婚16年目にして家族を裏切り出会い系サイトの世界に足を踏み入れる末路・・・・
麻縄拘束でのクンニ責め
 

私は37才のごくごく普通の主婦です。

優しい主人と3人の子供たちに囲まれて平凡ですが幸せな毎日を過ごしていました。
結婚して16年、主人とのSEXは今でも週1ペース。
でも、そのSEXで私が絶頂に達することはほとんどなく、それどころか濡れることさえ困難な状態です。
なのに、求めていくのはいつも私。
そんな女として満たされない思いを隠しながら過ごしていました。

自分が求めている物が何か・・・それに気がついているのに。

そして子供たちもそれなりに大きくなり自分の時間が持てるようになった今、私は“出逢い系サイト”という危険な場所に足を踏み入れてしまいました。
そこで知り合った彼は私の住んでいるところから目と鼻の先。
近所というだけで恐怖を感じた私・・・。

でも“単身赴任”という文字にためらう気持ちよりも、

(彼がここにいる間だけ何もかも忘れて女の喜びを感じたい。)

そんな気持ちで、彼とメールのやりとりが始まりました。

私がずっと長い間、抑えていた欲情は二人の距離を縮めるスピードをどんどんどんどん早くしていきました。
まずは彼の姿を見てみたくて、レンタルビデオ屋さんで待ち合わせて顔だけ確認し合おうということになりました。

『ダークグレーのスーツ。メガネをかけている』

私はお店に入るなり彼を見つけました。
そして笑顔で初対面。
彼はとてもステキな人で私はほとんど一目惚れ状態。

それだけで帰るつもりが、店内には私たちしかお客はいない・・・。
私たちは店の奥の方へ。
そこで言葉を交わしました。

(誰かに見られたら・・・。)

そう思うと長い時間そこにとどまってはいられません。
帰り際ごく自然に彼が握手の手を差し出してきました。
私もごく自然に手を差し出し握手・・・。
すると彼はその手を強く握り私を引き寄せ顔を近づけてきました。
驚いた私は軽く唇が触れたところで彼から離れ、彼の目をじっと見つめてからお店を出ました。

その夜は彼がステキな人だったことが嬉しいのか、彼にいきなりキスを求められてドキドキしたからか・・・それともあのキスが物足りなかったからか、なかなか眠れませんでした。

翌日そのことをメールに書いて送りました。
すると、仕事の都合をつけてくれた彼が「少しだけでいいから逢いたい」と言ってくれて逢うことになりました。
そして待ち合わせ場所の駐車場の車の中。
もう抑えることが出来なくなった私は「あのキスじゃ物足りなかった」と、激しく唇を重ねて舌を絡ませ合い、唾液を吸い合いました。
そして私の手は彼のズボンの中へ。

久しぶりに触る主人以外の物・・・。
それは今まで私が手にした物の中で比べようがないほどの大きさ・・。
色も形もとても卑猥。
まじめな私をどんどん大胆にさせるような・・・。
なんのためらいもなく、私は彼の大きい物を口に含みました。

(私の求めていた物がやっと手に入ろうとしている。)

私の身体はその喜びで溢れかえっていました。

「触って欲しいの?」

彼の言葉に首を縦に振りました。
こんなになってる自分に少し恥じらいながらも。

「もうビショビショになってるじゃないか・・」

今すぐここで入れて欲しい・・でも時間もないしそれ以上進むことは出来ませんでした。

“欲情”を我慢しながら帰途につきました。

その夜メールで「我慢できない・・」と、お互いを求め合うメールを交わし合いました。
そして翌日、逢う場所と時間の約束をしました。

私はどんどんどんどん大胆になっていきました。

「これで三日連続、逢いましたね・・」

彼とこんな会話を交わしながら身繕いをしていた私は“現実のしがらみを忘れたただのひとりの女”になっていました。

レンタルビデオ屋さんでの初対面・・・唇が軽く触れただけのキス。
その翌日、車の中・・・激しいディープキス、久しぶりに触った主人以外の物。

そして、そのまた翌日・・・。
私は彼と同じベッドへ・・・。

その日は私のほうが先に待ち合わせ場所に着きました。
じきに彼がやって来て、私は彼の車に乗り込みました。
彼の顔を見るなり私は自分のからだが急激に熱くなるのを感じました。
そしてホテルの部屋へ・・・。

彼が仕事の電話をしている間に私は先に軽くシャワーを浴びてベッドの中へ。
冷たいシーツにくるまって彼を待ちました。

ドキドキドキ・・・。

自分の鼓動を聞きながら。
そして彼がベッドの中へきました。
まずは「どうしても早くこうなりたかった」とはげしく唇を重ね合いました。
お互いの口の中で絡み合う舌と舌。
唇を離して目を見つめ合ってはまた吸い合って、そして彼の唇は私の耳へ・・・。
耳を舐められるのなんて何年ぶりだったでしょう。

「ぁぁぁ~」

思わず息が洩れてからだの力が抜けていきました。
私の乳房に彼の手が・・・。
そして、乳首を吸う、乳首を摘む。

「とてもいい色・・いい乳首だ・・」

彼の言葉は私の女心をくすぐります。
私の右手は彼の物を握りしめています。
そして昨日の続き・・・彼の物をお口に含みました。

(ホントに大きい・・・)

そう確かめるように口を動かし舌で舐めあげていきました。
口を離すと「ゆうのも見せて・・」と、私の恥ずかしいところを覗きこむ彼の顔・・。

「もうこんなになってる。そんなに欲しかったのか・・」

そんなことを言いながらそこに彼は顔を近づけていきました。
熱くなってるところに冷たい舌を感じるのも久しぶりで、喜びに溢れかえる私のからだ・・。

「もう・・入れてほしいの」

うつろな目で彼に訴えました。

そして私の上に身体を重ねようとする彼に、私は「上になりたい・・」そう言って彼の上に跨り彼の物を私の中に・・・。

(あぁ~スゴイ・・・。)

改めて彼の大きさをからだで感じた瞬間。
それから私はクリトリスを擦り付けるように腰を動かしました・・。
私は久しぶりにホントに久しぶりに深い絶頂に達しました。
そしてもう一度私の好きなように腰を動かしているとまた・・・。

そのあと彼は私の上へ・・・。

「まだいかないの?」と彼に聞くと、
「そろそろいきそうだョ・・どこに出そうか・・」

「口の中に出して・・」

彼はストロークを早めながら・・・。

「イクょ・・」

彼は私から離れると小さく開けていた私の口の中に射精。
私は口の中で溢れ出ている彼の精液をためらうことなくごっくん!と飲み干しました。
そのあともまだまだ出てくる精液を舌でペロペロ舐めながら幸せな気持ちに酔っていました。
ホテルの鍵は彼が閉めた。

私はまず「シャワー浴びましょうか?」と聞いた。

「いいじゃないか、そのままで・・」

彼は答えると立ちすくんでいる私を後ろから抱きしめてきた。

その腕に力がこもっている。
服の上から胸を触る手に私は自分の手を重ねた。
彼の唇は私の右の耳へと這っていく。
右肩のほうから力が抜けていく。
私は振り向き彼の唇に唇を重ねる。
何度目かのキス・・余裕も出来た。
彼の舌を私の口の中に導き自分の舌で彼の舌をなぞる。

(彼の舌ってこんな形だったんだ・・・)

服を脱がせあってベッドへ・・・。

冷たいシーツに二人思わず苦笑い。
そして力強く抱き合う。
もう一度優しくて激しいキスをする。
少しためらい気味にペニスを触る。
ホントは彼の車に乗り込んだときから触りたくてたまらなかったのに・・・。
あぁ~今日も大きい・・・。
お口でくわえたい・・。
しゃぶりたい・・。

“フェラチオしたい”と目で訴えかける。

彼が「どうしたいの?」と意地悪そうに言う。

「お口に入れたい・・」
「お口に入れてくださいだろ?」

「お口に入れてください」

彼のペニスを口に含む。
口を離してじつくり眺める。
亀頭も大きい。
きれいなピンク色をしている。
眺めてはしゃぶりつく・・・。
愛しくてたまらなくて息が洩れる。
ずっと欲しくて思い出してはおまんこを濡らしていた。
ご飯を食べていても子供と遊んでいてもこのペニスが頭から離れなくて・・。
もう・・おまんこは欲しくてたまらない。
愛液はアヌスにまで流れている。
彼にまた目で訴えかける。
また彼が言う・・。

「どうしたの?」
「・・入れて・・」

「ちゃんと言え・・」
「おまんこにこのペニスを入れてください」

「もう入れて欲しいのか?我慢できないのか?じゃあ入れてやろう・・」

そういうと彼は私の上に乗りおまんこの入り口にペニスをあてがいくちゅくちゅくちゅとまさぐっている。

(あぁ~ズブッと早くぶち込んで・・・。)

少し焦らせてからズボッ!と大きなペニスは私のおまんこに・・。
彼は私の手を取り・・・触らせる。

(ペニスが私のおまんこに入ってる。クリトリスが大きくなってる。)

「クリトリスを触って・・」

挿入したままで彼がクリトリスを弄くる。

「クリトリスがこんなに大きくなってるぞ。すごく勃起してる・・」

私のおまんこの中に入って愛液まみれのペニス・・・。
それに手をあてがい興奮は高まる。

「ゆうはドスケベな女ですって言え」
「ゆうはドスケベな女です」

「毎晩このペニスを私のおまんこに入れて欲しいです?」
「毎晩このペニスを私のおまんこに入れて欲しいです」

私の中の“M”が騒ぎ出す・・。

「そろそろいってもいいか?」と彼。

頷く私。

「今日はどこに出そうか?」

精液は飲みたい・・。
でも顔に出すのもいい・・・。

「口・・顔・・」
「どっちがいいんだ?」

恍惚とした顔で彼が聞く。

「顔・・」

すると彼は私から離れた。
ドロッとした精液が頬から口元にかかる。
舌でそれを舐める。
ペニスの先を舐める。
このときの私の顔はとてもエッチなんだろうなぁ~と思いながら。

夕方、家族と楽しい団らんのひととき。
子供たちの笑顔が心にしみる。
私はみんなを裏切っている・・。
罪悪感から自己嫌悪。

(もうこんなことはやめよう)

そんな気持ちになった。

私はホントにそう思ってるのだろうか・・。
いつまでこの気持ちが続くのかわからなかった。

夜になりひとりでお風呂に入った。
湯船に浸かっているとまた思い出してしまう。
ついさっき彼が噛んだ乳首を弄くりながら。
陰毛に目をやるとそこに入って愛液が絡まってべちょべちょになってたペニスを思い出す。
彼とセックスをしながらの卑わいな会話を思い出す。
セックスが終わったあとの楽しい会話を思い出す。

小さくなったペニス・・眠そうな彼の顔・・。

(もうこんなことはやめよう)

やっぱり、やめられそうにない・・・。