官能エロ小説まとめ|おかず図書館

官能小説をまとめてみました

カテゴリ: 人妻・熟女/エロ官能小説

今つき合っている彼女(人妻)の話です。

僕は28歳、彼女は24歳。
旦那さんは32歳で、とてもまじめな人だそうです。
彼女には2歳の子供がいます。
昼間は保育園に預けています。

彼女と僕のアパートはすぐ目と鼻の先で、ほとんど毎週、僕の仕事が休みの水曜日に彼女のアパートでセックスを楽しんでいます。

彼女は専業主婦。
彼女のアパートの住人はどこも共働きで、平日の昼間、アパートには彼女しかいないことがほとんどらしいです。
だから友達も出来ないし、結婚して旦那さんの地元に引っ越して来たため、近くには知り合いも少ない。
昼間はいつも時間を持て余していたそうです。

彼女とは、近くにある公園でよく顔を合わせていたので声もかけやすかった。
彼女、子供と2人でよく公園で日向ぼっこをしてたんです。
そのうち挨拶するようになって、話をするようになって・・・。
子連れだったから期待はしてなかったけど、子供を保育園に預けるようになってから時々公園に一人でいる時があって・・・。

去年の9月、その日も昼飯の弁当を買いに近くのスーパーに行こうとその公園を横切ったら、彼女の姿が見えたので「こんちは」と挨拶をして、「ちょっと弁当買いに」と言ったら、「あ、じゃあ私もお腹すいたから、今日のお昼はお弁当でも買おうかな・・・」と言って一緒に買いに行く事に。
帰りに、「良かったら一緒に食べませんか?」と彼女が言ってきて、公園のベンチで食べて・・・。
2人とも結構会話が弾んできて、彼女が「うちでお茶でもしませんか」ということになって。

「え、いいんですか?」

「どうせ、今日は何もすることないですからどうぞ」

で、彼女のアパートへ・・・。
キッチンでコーヒーを入れてもらい話をしていると、

「暑くて汗かいちゃったからちょっと着替えてくる」といって奥の部屋へ・・・。

戻ってきた彼女はタンクトップと短めの短パン・・・。
何気ない素振りで僕の横にまた座って他愛も無い話をしてました。
時々彼女が動くと彼女のコロンと体臭が混ざった匂いがして・・・。
ちらちらと彼女の胸元に向けてた視線に気が付いたらしく、彼女が黙ったまま僕の顔を見てたので、
「どうしたの?」ととぼけて聞いたけど、彼女は何も答えずにじっと僕の顔を見てる。
いちかばちかと思い、両肩をつかんでキス・・・。
彼女、抵抗しませんでした。

その後は、まず彼女を脱がして裸にし、無我夢中でオッパイにしゃぶりつきました。
右と左の乳首を吸ったり唇に挟んで愛撫してるあいだじゅう、彼女は僕の頭を抱きしめるように撫でてくれて・・・。
その時は、彼女の汗ばんだ肌と匂いにものすごく欲情しました。
彼女に脱がされて、昼間の明るいキッチンで2人とも生まれた姿のままでセックス・・・。

キッチンの椅子に手をつかせて後ろから、そして床の上で汗だくになって夢中で彼女の肌とおまんこをむさぼりました。

帰りに僕の電話番号を教えて、それから現在まで関係が続いています。
まだ、旦那さんにはバレてないので・・・。

実はもう一人、人妻とエッチしてます(こっちは月に2回ぐらい、僕の兄貴の奥さん)。

近いうちにまた投稿します。
友達4人との新年会の報告も書きたいと思います。

私が32歳の妻と出会ったのは19歳のとき。

そのころの私はいろんな女の子とSEXをし、部屋には隠し撮りの為ビデオをセットしていました。
妻とは何度かSEXをしていましたが、おまんこはピンクで締まりはGOODでした。
よく友達が「隠し撮りしたビデオみせて」と遊びに来ていました。

その当時、妻はのりぴーに似て可愛く、私なりにまじめなお付き合いをしてましたので、妻のビデオテープだけは別の場所に保管していました。

ある日の夕方、友達が3人遊びに来たときのことです。
夜に妻が遊びに来る為、風呂に入りました。
その間、友達はいつものようにビデオを見ていました。
風呂から上がると、友達の声が聞こえ、いつもと雰囲気が違うようでした。

「◯◯ちゃんええ胸している」
「顔に似合わずいやらしいの」
「今日もHなパンツ履いてくるんかの」

◯◯ちゃんの名前が聞こえた為、慌ててテレビを見ると、今まさに妻がスケスケひもパン1枚の姿で、私にパンティの上からおまんこをまさぐられ喘ぎ声を出しているところが映し出されていました。
慌ててビデオを止めました。
昨夜、妻のビデオを見てしまい忘れていたのです。

平然さを保ちながら、かなりショックを受けました。

友達からは「どうせセフレの1人やろ?」「あそこまで見せたんなら◯◯ちゃんのおまんこが見たい!!」など散々言われた為、強がって「◯◯の名器を見せてやろ」と言い、ビデオの続きを見せてしまいました。

後悔をしながら一緒に見ていましたが、

「おまんこも可愛い」
「あんまり使い込んでないの」
「こんなきれいなおまんこはじめて見た」
「俺もやりたい」

・・・などと友達が言うし、彼女のおまんこが他人に見られていると思うと、興奮してきました。
それからもその3人には、彼女の痴態を見せてしまいました。

3年後、私たちは結婚するのですが、友達におまんこを見せた後悔は今もあります。

1度友達が酔った勢いで妻に、

「◯◯ちゃんのおまんこ可愛いね」
「バックが好きやろ?」
「濡れやすいまんこやね」

・・・などと言ってしまったのです。
妻に正直に告白すると物凄く怒りました!(当然です)

その後のSEXの時、当時のことを詳細に言うと「もうやめて」と言いながらも、友達におまんこを見られたと思うとすごく興奮するそうです。

初体験は高校3年の夏、7つ年上の兄嫁と。

家では兄夫婦と俺と両親で暮らしていた。
ある日、兄嫁と俺だけの夕方。

「彼女いないの?」

「うん」

「興味あるでしょ?」

・・・という会話。
なんかむずむずして、テーブルで編み物をしていた兄嫁の後ろに行き「触っていい?」と聞いた。

「えっ、どうしたの?」と兄嫁は言ったが拒否しなかった。

そのまま後ろから胸を揉んだ。

「大きい」とつぶやくと、

「大きいよ。でも、下は駄目よ。大変なことになるから」と言われ、胸だけ揉んで終わった。

「兄貴に言わないでね」と言うと、

「言うわけないでしょ」と優しく笑ってくれた。

次の日、朝10時くらいに起きてくると、家族は出かけ、兄嫁しかいなかった。

「また触っていい?」と聞くと、

「障子閉めてね」と言われ、障子を閉めた。

そして、また後ろにまわり、胸を揉んだ。
前日とは反応が違い、「んん・・んん」と声が漏れていた。

「感じる?」と聞くと、

「もう濡れているんだから」と答えた。

それは触っていいという合図だとわかった。
でも、今までオマンコには触れたことが無い。
場所がわからずドギマギしたらカッコ悪いな・・・と心配しながら、キュロットスカートの隙間から、パンティに辿りつき、腿の付け根から指を差し込むと、ヌルッと簡単に穴に指が入った。
無造作に入った。

その瞬間、「ああ~・・・!!」という叫び声。

兄嫁のそんな声を初めて聞いた。
女のマンコは別の生き物なんだと感じた。

のけぞりながら、姉は振り向き、俺の顔を押さえてキスした。
恥ずかしながら、これも俺のファーストキス。
舌が入ってきて、どうしていいかわからず、舌を合わせた。

「あっちに行こう」と寝室に誘われた。

服を脱ぎ始めた兄嫁は、胸をずっと両手で隠していた。
無理矢理、手をどけると、子供がいたせいか、乳輪が黒くて大きかった。
それを隠していたのだろう。

90cmの胸はデカかった。
吸い付いた。

「ああ・・・うう・・」と頭を抱きしめられた。

下着を取った。
今度は姉は隠さずに足を開いた。
綺麗なスジマンだった。
だから自信があって、隠さずに見せたのだろう。

初めて舐めた。
想像ではおしっこ臭いと思っていたが、実際はツンと酸っぱくて、予想外だった。
舌を入れたら、なぜか笑われた。

そして挿入。
もちろん下手だ。
腰が動かない。

「上になるね」と兄嫁がまたがった。

鏡を見て「ほら、映ってるよ」と少し兄嫁は興奮していた。

「一線越えちゃったね」と言われた。

私は大のゴルフ好きです。

ゴルフ歴は、20年です。
年間40回位ゴルフをします。
当然、年に3回位1泊2日で遠征します。
家では、愛する妻と2人の子供がいます。
妻は39歳。顔は人並み。
小ぶりですが愛想がいいと近所の評判。

この間、1月の28日と29日に九州の鹿児島にゴルフの遠征がありました。
私は、その日に照準を合わせ朝5時起きもなんのその。
心浮き浮き状態で出発。
ところが、飛行機に乗るや否や風邪で発熱。
下痢はするや39度の熱を出しふらふらになりました。

いざ、ゴルフ場に着いても、とてもゴルフなんぞ出来る状態ではありませんでした。
くやしいやら、情けないやら。
・・・と言う訳で、その日急遽帰宅する事になりました。

別にいちいち妻に今日帰ると連絡もせず、それより自分の体の事しか考えてなかった。
空港まで車で行っていたので、何とか運転して夜8時ごろ帰宅しました。
帰宅すると、何と妻がいない。
子供に聞くと、PTAの会合で出て行ったという。
おかしいなぁと思いながらも即ふとんに入りました。

熱でうなされ、ふと夜中の11時ごろに目が覚めました。
しかし、妻がまだ帰ってきません。
おかしい思いながらも、そのまま寝てしまいました。

今度は1時ごろ目が覚めました。
しかし妻はまだ帰っていませんでした。
それから気になって寝付けません。

おかしい、何かある。

そう思ったら、ますます寝付けなくなって、起きてあちこち詮索しました。
電話のリダイヤルを見ましたら、見たこともない携帯の電話番号がありました。
私は即、非通知でその携帯に電話をしました。
すると、イカツイ男の声が聞こえました。

「もしもし」

黙っていると、「早く」と女の声が聞こえました。

(えっ・・・妻の声や)

直感しました。

間違いなく妻の声でした。
私は必死に耳を立てて聞きました。

「誰や何にも聞こへん」と男の声。

「もう早く来て」
「よしよし」と会話が聞こえる。

その男、馬鹿な奴で携帯のスイッチを切りそこなったのか、スイッチはONになったまま。
私はドキドキしながら耳を立てました。
男女のセックスが聞こえたまま。

「もう3回目やで」
「いいの今日は旦那はいないし、いっぱいして」と言う声が最後で、後は
「あぁいいわ、そこ、そこ、もっといじめて、いっぱいいやらしくして」
「いいわいいわ」
チューチュー、グチュグチュの音。

そして10分位後・・・。

「いい、いい、もっともっと突いて」
「あぁ、あぁ」

プチュ、ブチュ、ベッドのきしむ音。
30分位続きました。
妻が俺以外の男とおめこしている。
普通でも興奮するのに39度の熱を出しながら思わずセンヅリをかきました。

結局妻が帰宅したのは、朝の5時半。
まだ表は暗い。
こそっとドアー開け、寝室に入ってきました。

後はご想像の通りの修羅場。

私は、35歳の主婦で小学生の子供が二人います。

主人とは仲が良く、円満な家庭です。
主人の親と同居ですが、何のいさかいもありません。
ただ、現在主人は単身赴任中で月に一度くらいしか戻ってきません。

友人のE子はもう3年前からダブル不倫をしています。
E子の相手のM君に「友達を連れてくるから一緒に飲もう!」と誘われたので、気が進みませんでしたが行く事にしました。

というのも以前から私は『不倫』に否定的でしたし、軽蔑もしていました。
もちろん、不倫などした事はありません。

昨晩、E子とM君、M君の友達のS君、そして私の4人で居酒屋で飲みました。
S君の印象は、素敵で、爽やかで楽しい方でした。

お店を出てから、カラオケに行くと、E子とM君は二人だけの世界に入ってしまい、キスをしていました。
私の隣にいたS君の腕が私の肩に回り、私は思わず寄り添ってしまいました。
そして私たちもキスをしました。

カラオケ店を出ると、E子達はラブホに入っていきました。
私はS君に「俺達も行こうよ!」と誘われましたが、断固拒否しました。
そして、S君が「俺、コーラがゆっくり飲みたいので、何もしないから入ろうよ」と言われました。

あまりに、クサイ台詞で笑ってしまい、緊張の糸が解れてしまいました。
部屋に入るやいなや、お互い抱き合いキスをしました。
そしてそのままベッドイン。

服を脱がされ、下着だけに・・・。
念のため、勝負下着を着けてきて良かったと思ってしまいました。
胸を揉まれてアソコを触られて、お酒のせいもあるのか?もうフワフワ状態でした。
キスをした時から、私のアソコはかなり濡れていたと思う。

そのアソコに、S君の顔が・・・。

「お風呂に入っていないから止めて!」と言いましたが、S君は無視して舐められてしまいました。

それから、S君が私の手を持ってS君の股間へと導かれました。
下着の上から硬くなっているアソコを触っているうちに夢中になり、下着を下ろして生のオチンチンを握ってしまいました。
S君に「舐めて」と言われたので、オチンチンをパクリと咥えてしまいました。

S君の物が私の中に入ってきました。

気持ちイ~~~~~~イ!

正常位、バック、そして正常位で、私もS君もいきました。
生でしちゃったので、最後は私のお腹の上に・・・。
手でお手伝いしちゃいました。

主人を愛していますが、今はS君の事で頭が一杯です。
電話で話もしたいし、会いたい!!!

よく「旦那より大きい?」とか聞きますが、S君のおちんちんは、主人の物より小さいと思います。
だけど気持ちよかったです。
大きさよりも気持ちの方が大切なんですよね!

S君に会いたいよ~~~~~~~~~~う!

このページのトップヘ