官能エロ小説まとめ|おかず図書館

官能小説をまとめてみました

カテゴリ: 巨乳/エロ官能小説

初体験は高校3年の夏、7つ年上の兄嫁と。

家では兄夫婦と俺と両親で暮らしていた。
ある日、兄嫁と俺だけの夕方。

「彼女いないの?」

「うん」

「興味あるでしょ?」

・・・という会話。
なんかむずむずして、テーブルで編み物をしていた兄嫁の後ろに行き「触っていい?」と聞いた。

「えっ、どうしたの?」と兄嫁は言ったが拒否しなかった。

そのまま後ろから胸を揉んだ。

「大きい」とつぶやくと、

「大きいよ。でも、下は駄目よ。大変なことになるから」と言われ、胸だけ揉んで終わった。

「兄貴に言わないでね」と言うと、

「言うわけないでしょ」と優しく笑ってくれた。

次の日、朝10時くらいに起きてくると、家族は出かけ、兄嫁しかいなかった。

「また触っていい?」と聞くと、

「障子閉めてね」と言われ、障子を閉めた。

そして、また後ろにまわり、胸を揉んだ。
前日とは反応が違い、「んん・・んん」と声が漏れていた。

「感じる?」と聞くと、

「もう濡れているんだから」と答えた。

それは触っていいという合図だとわかった。
でも、今までオマンコには触れたことが無い。
場所がわからずドギマギしたらカッコ悪いな・・・と心配しながら、キュロットスカートの隙間から、パンティに辿りつき、腿の付け根から指を差し込むと、ヌルッと簡単に穴に指が入った。
無造作に入った。

その瞬間、「ああ~・・・!!」という叫び声。

兄嫁のそんな声を初めて聞いた。
女のマンコは別の生き物なんだと感じた。

のけぞりながら、姉は振り向き、俺の顔を押さえてキスした。
恥ずかしながら、これも俺のファーストキス。
舌が入ってきて、どうしていいかわからず、舌を合わせた。

「あっちに行こう」と寝室に誘われた。

服を脱ぎ始めた兄嫁は、胸をずっと両手で隠していた。
無理矢理、手をどけると、子供がいたせいか、乳輪が黒くて大きかった。
それを隠していたのだろう。

90cmの胸はデカかった。
吸い付いた。

「ああ・・・うう・・」と頭を抱きしめられた。

下着を取った。
今度は姉は隠さずに足を開いた。
綺麗なスジマンだった。
だから自信があって、隠さずに見せたのだろう。

初めて舐めた。
想像ではおしっこ臭いと思っていたが、実際はツンと酸っぱくて、予想外だった。
舌を入れたら、なぜか笑われた。

そして挿入。
もちろん下手だ。
腰が動かない。

「上になるね」と兄嫁がまたがった。

鏡を見て「ほら、映ってるよ」と少し兄嫁は興奮していた。

「一線越えちゃったね」と言われた。

近頃メルナンが好調。
一ヶ月メル友としてやりとりしてから「会おう」というと、高確率で会える。
会えばもちろんセックス。

今回は、旦那が単身赴任中の人妻裕子。
ぽっちゃりということで心配していたが、不安は的中。
しかし、会った以上はハメ倒すのが礼儀だと思っているオレは、
「若くみえるねえ」「まだまだイケてるよ」と、さっそく褒め殺しモードに。

まずはレストランに入って夕食を済ます。
この女、二人前食いやがった。
店を出て「これからどこへいく?」と聞いてくるので、
「オレ、裕子さんに一目ぼれしちゃった」と言って、肩を抱き、ディープキス。
一方的なキスだったが、嫌がる様子もなかったので、ホテルへ直行。
部屋に入っても、チンポは萎え萎え。
ソファでキスの続きをしながら、服のうえから撫で回す。
そうしている間に括約筋を動かし、チンポを勃たせる。

準備が整ったので、一枚ずつ服を脱がせると、思ったほどたるんでなくて、Fカップの胸も、それほど垂れてはいない。
出産経験がないからだろうか。
とにかく、ラッキー。
がぜん、やる気になり、ベッドに移る。
胸を揉んで、乳首を刺激してやっても反応がない。

「どこが感じるの?」と聞くと、
「クリトリス」との答え。

それならと、下半身に手を延ばす。
裕子は、M字開脚になった。
マンコのでかさにびっくり。
しかも剃毛してある。

旦那とは、とっくに冷めてて、最後にセックスしたのは4年前だという。
そのあいだオナニーもしていないらしい。
また不安になったが、今度は余計な心配だった。
全体をなでまわし、クリトリスに指を移すと、さっそく喘ぎ出し、愛液もたっぷりと出てきた。

こうなると後は簡単。
クリトリスへの刺激で、三分後には昇天させた。

次に膣に指をいれるともう大洪水。
ツツ、と滑らせ、ポイントを見つけ、追い込んでやれば、また絶頂しやがった。
タイミングよく指を引き抜いて、潮吹きも成功。

「きて、きて」と繰り返すので、
「チンポください、だろ」と教えてやると、そのとおりのことを言う。

「何本入れたんだ」と聞くと、
「片手で足りる」とのこと。

オレも裸になって、軽くパイズリ。
さすがFだけあって、気持ちいいことこのうえなし。
だが、この女どうしようもないマグロなので、すぐにパイズリにも飽き、挿入。
オレのデカチンがすんなり入ってビックリ。
外性器同様、穴もでかい。
巨マンとでも言おうか。
正常位でクリを刺激するように腰を使うのがいいようだ・・・と見定め、さっさと三度目をイカせた。

こうなればもうテクニックはいらない。
でかくて遅漏で絶倫という、三拍子そろったタチの悪いチンポを、とことん相手してもらおう。
三十分後、サッと抜いて胸で一発。
すぐさまバックに変えて第二ラウンド。
このポーズだと、裕子はまさに乳牛そっくり。

さらに四十分、ひたすら激しく突きまくって、最後は背中に発射。
三ラウンドにかかろうと思ったが、10回ほどイッた裕子のほうは、壊れかけてて、なにを言っても、「イイ、イク、イキそう」と、寝言のような返事しかしない。
しょうがないので諦めると、ケツを突き出したままの格好で眠ってしまった。

結局、裕子とは、これからも会うことにした。
容姿もテクもだめな牛女だが、マンコがでかいだけあって、思いっきり激しくしても痛がらないのが気に入ったのだ。

僕は今40歳、妻は38歳で結婚生活15年目。
14歳と12歳の男児の父親です。

本当に昨年の夏にある人妻と出会い、不倫をしてしまいました。
最初はある英会話教室で知り合い、その後ジムも一緒だと言う事が解り、夏の納涼会でその関係を迎えたのです。

彼女はその時は39歳、僕も同い年で意気投合しました。
ジムで泳いでいて、彼女のボディーがDカップの巨乳と知りビックリ。
普段の英会話教室では洋服をキッチリと着ているので解りませんでした。
彼女の夫はその時既に59歳で、再婚でした。
子供もいません。
ですからもうセックスの関係は殆ど無く、最初は携帯のメールの交換と番号を教えました。
本当に普段は真面目そうだったし、そんな不倫関係に発展するとは思いもよりませんでした。

家でカミサンとつまらない事で喧嘩になり、憂さ晴らしに飲みに行きませんかと誘ったのが最初でした。

銀座の割と高級なイタ飯屋で会い、ワインをかなり頂きました。
その時に僕は妻の悪口を言ったようです。
彼女も夫との性生活が不満で、最近はまるでセックスが無いという事でした。
多分お酒の所為で、普段だったら絶対に言わないような事でした。

お互いに気晴らしに、僕から「ラブホに行きませんか」と誘いました。
多分「それは無理です」と断られると思っていました。

ところが「いいですよ、普段からそれを言おうかどうか迷っていたのです」との嬉しいお返事でした。

新宿のラブホに午後10時頃にチェックインしました。
もう最初から直ぐに全裸になり、お風呂場でしっかりと抱き合いました。
彼女の黒々と割れ目を囲んだヘアや、パックリと開いて内臓まで見えてしまいそうな裂け口、その股間からはサワークリームのような芳香が立ち昇っていました。
そのシークレットゾーンは美しいピンク色をして、細い溝のような膣の花弁を開いていきました。

「アウウウ~ンン、そんなとこを見られると恥ずかしいわ~」と、オンナの卑猥な部分をモロに見せ付けていました。

彼女のMの字に開かれた両脚の間にユックリと顔を近ずけました。
クレバスを割り、尻を引き寄せて切れ込みに唇を押し付けました。

「イヤア~ン、アアアン、ソンナ~」と言うけど女の蜜が溢れ出していました。
「お願いもう入れて欲しいわ~、もう我慢できないの」とベッドへ誘います。

肉棒の先端が、ふわふわした膨らみに触れて、あまりの心地よさにその最深部を狙って押し込みました。
淑女の双脚を抱えてぐいぐいと腰を振り続けました。

「コレヨ~、コレ~、アア、もう狂ッちゃいそうよ、うううっ、素敵よ~っ、ウグ~ッ、イキソウ~、イクワ~」と、ほんの20分ぐらいで頭を枕からはずして振り回しています。
両手は枕を握り締めて、とても苦しそうな苦悶の表情です。

「イイイ~、イクワ~、奥まで響くわ~、イク、イクイクイク」

僕に身体全体をしがみ付かせて、獣じみた声を上げて、登りつめていきました。
ぬちゃっとして歓喜に悶える奥様の姿に、思わず精液の放出は我慢出来ません。
ドクドクと彼女の膣の奥深くに精液をタップリと出してしまいました。

「中出しをしたけど、あらゆる責任は取るから」というと
「イイのよ、私は子供が出来ない身体なの、だから心配しないで今後も中に出してちょうだい」と嬉しい事を言ってくれました。

とろけそうなオマンコで、二人はもう完全に離れられない関係になりました。
写メで二人の繋がっているところを接写して、他にも唇の中に入っている亀頭部分や、バックから挿入しているシーンなどを撮りました。
精液が彼女の口から溢れているシーンは本当に物凄く、人には見せられず自分でオナニーの時にしか見ていません。

先日は思い出して、パソコンで入力しながら、コレを見てコイてしまいました。

【小説のあらすじ】
出会い系サイトで知り合った加奈(24)と初対面を果たしたケイスケ(38)。加奈は小柄で童顔のEカップ!! 頭の回転がはやいのにチョイ天然の加奈にケイスケは何としてもヤリたいと願う末路・・・・
義父とのセックス
 続きを読む

【小説のあらすじ】
メル友から会うことになった栃木のユリ(17歳JK)。ユリは最近になって同級生の男子と初体験を済ませ処女を卒業したが、イクことに興味がありメル友のトモキに大人のセックスを教えて欲しいと依頼した。トモキは超極太ナマコでJKユリを昇天地獄にいざなう結末・・・・・・
クリトリスをローター責め

 続きを読む

このページのトップヘ