官能エロ小説まとめ|おかず図書館

官能小説をまとめてみました

カテゴリ: 中出し・妊娠/エロ官能小説

私のHOTな経験を告白します。

僕は和食の職人で店を持っています。
近くには女子短期大学があり、僕はいつも女子大生をバイトに雇っていました。
あるとき2名の女の子を雇いました。
2人ともよく働いてくれます。
僕はそのアルバイトの女の子の一人と関係するまでを告白します。

その女の子は千晶さんと言います。
お尻が大きく、身長も高く、後ろ姿は日本人とは思えないプロポーションです。
スポーツをしていると聞いていたので、きっと体の締まりもいいはずだと妄想する日々が続きました。

そんなある日、店を締め、後片付けをしている時、彼女の皿洗いの後ろ姿に見とれてしまいました。
そして僕は思わず、

「おつかれさま!ビールでも飲んでいって」

と彼女にビールを勧めました。
断られるかと思ったら、反応は

「はい、ありがとうございます。いただきます!」

と僕が注いだビールを飲んでくれました。
嬉しくなって、折角なのでと、おつまみを作り、彼女とお酒を飲み始めました。
少し酔ってきて、彼女の首筋もほんのり赤くピンク色になっていました。

僕は「ごくん」とつばを飲みました。

「いい日本酒があるから家で飲まない?」

そう千晶さんに言うと、断られるだろうなと思ったら、
あっさり「はぁい」とOKの返事。

もしかしたら・・・と、僕は股間が熱くなるのを感じてました。
アパートに着くと早速、千晶さんと2人きりで、日本酒を飲み始め、彼氏の話や、サークルの話を聞いて盛り上がりました。ちょうど一升空きそうになった頃、千晶さんが突然カクンと頭を下げはじめ、寝息が聞こえてきました・・・。

(寝ちゃったのかな?)

僕はおそるおそる彼女の左腕を揺すりました。

「起きてる?」

彼女は反応しません。

僕は「ごくっ」とつばを飲みました。

千晶さんの姿をじっくりと見ると、第二ボタンまで空いたYシャツにジーパン姿。
胸元からはブラが見え隠れしていました。
僕は千晶さんの腕を掴んで「おーい」と数回揺すってみると、今度はごろんと横に倒れてしまいました。
とても魅力的な光景です。
声をかけるとうっすらと反応はしますが、はっきりしません。
僕は時間にして10分くらいでしょうか彼女の寝姿を見つめました。
突然、僕の股間が熱くなり、次の瞬間、僕は千晶さんの胸を拭くの上から、さすりました。

「うーん」

千晶さんは反応するのですが、嫌とは言いません。

いよいよ僕は、千晶さんのYシャツの第3ボタンと第4ボタンを外しました。
ブラウスが見えました。ブラウスの下にはベージュのブラジャーです。
僕の鼓動は激しくなり、そして僕は彼女の服をすべて脱がしパンティーとブラジャー姿にしました。
もういいと思って、彼女に覆い被さり、愛撫をしました。
予想外の反応で千晶は僕に抱きついててきました。
とても嬉しかったです。

ブラとパンティーを脱がせ、僕も激しく刺激すると、千晶は両手で僕のパンツを脱がし、右手で激しく僕のペニスをしごきました。

「うっ気持ちいい~」

僕のペニスは気持ちよすぎて、先からはだらだら子種が流れだしていました。

千晶のあそこは、ぐちょぐちょの状態で、僕はペニスを一気に挿入しました。
激しく腰をふり、そして僕は果てました。
挿入したまま彼女の上に覆い被さっていましたが、久しぶりのセックスでしたので、僕のペニスはぴんぴんです。
腰をグラインドすると堅さが復活し、そのまま2ラウンド目突入です。
スポーツをしているという千晶のマンコの締まりは、すばらしく見事でした。
正常位のまま、千晶のお尻を鷲掴みにして、突きました。
そして、2回目を奥へ果てました。

ゆっくりペニスを抜くと、千晶の愛液と僕の精子が千晶のふとももの付け根をゆっくりとヴァギナに沿って肛門の方へスライムのようにゆっくりとだらっと流れ出しました。
僕はその光景を満足感と共に見続けました。

時計を見るとAM3時、外は夜明け前。
僕は我に返り、彼女に服を着せました。
そして彼女の家まで送っていく事にしました。
彼女はまだ泥酔状態です。
拭いても拭いても止めどなく精子が流れてくるので、ティッシュを挟み、ジーパンを履かせました。
ブラジャーはつけずに、ブラウスとYシャツを着せ。
ブラジャーとパンティーは、僕のポケットにしまって、彼女を抱えながら、彼女のアパートへと向かいました。

駅の前を横切り、裏道に入ると、千晶は気持ち悪いと吐き出しました。
足取りが重くなりなかなか先に進みません。
建物の陰につれて行き四つん這いでいる千晶の姿を見て、また急にむらむらしてしまい、千晶のジーパンを下げると大きなヒップが露出しました。
挟んでいたティッシュをとって、バックから僕の堅くなったペニスを挿入しました。
ぐちょぐちょでしたが締まりは抜群で、僕の3回目のフィニッシュです。
マンコの奥へペニスをついて、たっぷりと精子を放出しました。
千晶のマンコは、おいでおいでと言っているかのようで、吸い込むような動き、ちょうど、牛のお乳を飲む子牛の口のような動きをしてくれました。
うまく表現しきれませんが、最高のセックスでした。

千晶を抱えてまた歩き出しました。
周囲は急に明るくなってきました。
早く送り届けないとと思い、僕は必死に彼女を抱えて歩きました。
ちょうど電話ボックスまで辿り着き、気持ち悪そうにしている彼女。
僕は背中とおっぱいをさすってあげました。

その時です。
想像もしていなかった、ありえない事が起きました。
目の前に赤い軽自動車が止まりました。
運転席の男性がこちらをじっと見ています。
そして運転席にいた若い男が降りてこちらに向かってきました。

僕は「電話ですか?」と言うと、その男は「すみませんが、その女性の顔を見せてくれませんか?」と言って来たのです。

僕はまさかと思いつつ、言われるがままに、うなだれている彼女の横顔を見せました。

途端に男が「あなた!何をやってるんですか!」と大きな声で怒鳴りかかってきました。

殴られそうになった僕は、「い、いや、仕事あがりに打ち上げがあって、酔っぱらった彼女を送っていく途中でした」と言い訳しました。

男は状況を理解したのか、急に「そ、そうでしたか。すみません!それではお礼を言わないといけませんでしたね」と言って頭を下げました。

その男は彼氏でした。
彼女を後ろの席に乗せると、「ここまで送ってくれてありがとう」としきりに僕にお礼を言ってきて、僕を店まで送ってくれました。
一応気づかれなかったとほっとした次の瞬間、僕はポケットに手をいれると、「しまった・・・」彼女のブラとパンティが入ったままです。
しかも彼女の股間は・・・。

下着を・・・証拠を隠さないと、彼氏に気づかれてたら・・・とパニックになり、僕は自転車に乗って慌てて彼女のアパートへ向かいました。
周囲を伺うと彼氏の車はありません。
彼女の部屋のドアの前まで行き、そっとノックをしましたが、反応もありません。
ノブを回すとがちゃっとドアが空きました。
彼女がさっき履いていた靴があり、彼氏の靴は見あたりません。

「お邪魔します」と部屋に入り、スライドドアをあけると、布団の上に服を着たままの彼女が横になっていました。

不自然に思われてはいけないと思い、彼女の下着を着せようと、服を脱がしました。
股間は、まだぐちょぐちょです。

僕はまた興奮してしまい、本日4回目の挿入をしました。

千晶は意識が戻ってきてるのか、自ら腰を振ります。
彼氏の名前を呼んでいるようで、彼氏とセックスしていると思い込んでいるようでした。
僕は無言で薄暗い部屋の中で、激しくセックスをしました。
そして4回目のフィニッシュです。

果てた後、彼女はそのままぐったりと寝てしまいました。
僕はブラをつけ、そのまま下着をはかせて、下着姿のままの彼女を残し部屋を出ました。
本当に最高のセックスでした。

彼女はその後、数回バイトに来て辞めてしまいましたが、セックスの事は話題にもならず、本人にも敢えて聞いてません。
いい思い出です。

千晶は今でも俺の歴史の中で、最高の一番の女です。

私には、さとるっていう彼氏がいて、最初はさとるが一生懸命になってくれてたんだけど、最近は、すっかり私もハマッテしまって、二人でいるとキスしまくりです^^

抱き合ってキスしながらテレビ見てたら、段々エッチになってきて、シックスナインでお互いのをキスしてたり。
最近は離れるのが嫌で、さとると同棲まではじめちゃいました。
さとるの親にはちゃんと挨拶して、同棲許可もらったんだけど、うちの親には内緒。

今日は久しぶりにさとるが休日出勤だったので、私は家で書いてます^^

この前、私が倉庫にいたら、さとるが入ってきました。
偶然だったみたいですが。
ドアを閉めて「ゆりさん、これいいですか?」と言いながら胸を揉むさとる。
倉庫は、パーテーションで囲ってあるだけで、事務所に声は丸聞こえです。
ダメっていうのもおかしいし「どうぞ」と言うと、左手で胸を揉みながら、右手はスカートに手を入れてきました。

触るだけかと思ったら、パンストとパンティを一緒に下げて、生でクリを愛撫します。

「溢れてきたで」と囁くさとる・・・。

私はさとるを見て必死で「ダメ」と声を出さずに訴えるんだけど、指を入れてグリグリするの。
声を必死で我慢してたら、「さとるく~ん、いる?電話」と先輩の声が。

「はいっ、います!出ます!」と私から指を抜き、私の顔を見ながら、少し笑いながら指を舐めて出ていきました。

私は服を整えにトイレへ・・・。
自分で触ってみたら、ビショビショでした。
席に戻ると、さとるは外出したようでいませんでした。

すると“オナニーしたか?”と携帯にメールが・・・。

無視してたら“今日、何か用事つくって外出して。会社でたら電話して”と・・・。

無視しようと思ったけど、丁度用事あったし昼休みも兼ねて会社を出て電話しました。

「家、帰ってきて」

私達の家は、会社から近いので・・・。

戻ると、「ゆりが、ビショビショになるから、我慢できんかったやん」と、私を押し倒して「俺、13時に客来るから、飯の代わりにゆり食べるわ」と私を裸にしました。

いきなり、四つん這いにされて、後ろから激しく突くさとる。
私は中途半端で放置されたからか、すごく激しく感じてしまって、「もっと、めちゃめちゃにして」と自分からも腰を振ってしまいました。

座位になってキスしながら抱き合ってると、「ゆり、中に出したいっ!」というさとる。
いつもはそう言っても外に出すかゴムをつけるの。
だから私も「してっ」と抱きつきました。
嘘じゃなく本当に中に欲しいんだけどね。

そしたら、さとるが私を寝かせて足を持ち上げて激しく突き始めたの。
気持ちよくて抱きつきたくて私がさとるに手を伸ばしたら、近づいてきて抱きしめながら突いてくれるさとる。

「ゆり、いい?」
「イッて」

なんて言いながら腰を振ってたら、さとるは、本当に中にいっちゃったの。

「すっげ~きもちいい」といいながら私から離れないさとる。

びっくりはしたんだけど、びっくりよりすごく幸せな気分でした。
私からはなれて私のお腹をさすりながら、「子供できたらいいな」なんて言うさとる・・・。
そりゃ、私も欲しいけど・・・。
社内でできちゃった婚はちょっと恥ずかしいかも。

時計を見たら時間もやばかったので、さとるを追い出して、私はゆっくりシャワーを浴びて会社に戻りました。

高校1年から男性経験は8人ありますが、この間初めて潮吹きしちゃってイクって経験させてくれました。

高校の時の彼氏も、短大の時の彼氏も、OL時代の彼氏も、みんな自分勝手でキスして胸揉んで挿入して・・・自分だけ出してお終いでした。

おもちゃ経験もありますよ。
SEXってこんなものかと思ってました。
私も濡れて感じて気持ち良いって思ってますが、いつもクール?って感じです。

この間、友達とカラオケ行って、夜10時ごろ別れて駅まで一人で歩いていると、30後半の男性が声かけてきて、援交!!
もともと童顔で背も低い私ですが、まさか、高校生に見られるとは思ってなくて・・・。
男の人は「九州から出張で今日夜一人でホテル泊まるの寂しいから付き合って欲しい」って言ってきたの。

う~~ん。

しばらく考えて、若く見られるのって嬉しかったし、3万くれるって言うし、無職の私はOKしました。

ホテルのラウンジで食事して、ワインを飲ませてもらい、部屋に行きました。
男の人はすぐシャワーに行き、わたしはやっぱり帰ろうかなって思ってましたが、悩んでいるうちに男の人出てきて、「みっちゃんもシャワーする??」って聞いてきて。
シャワーして、バスガウン着て出てきたら男の人エッチビデオ見てて、わたしも見てたら・・・。

(え~~SEXってあんなこともこんなこともするの???)

実はエッチビデオ見るの初めてなんです。
見てるうちに、わたし濡れてきて・・・。
そのしぐさを見て、男の人が肩抱いてきて、キスしてきました。

ディープキスに胸揉まれて、指入れてきて、ここまでは今までの男と同じでしたが、この人は違ってました。

愛撫が体中・・・。

指から乳首周りにお腹周りにオマンコ周辺から、舌が奥深くまで入ってきて舌でかき回してくるし、吸われたりして、愛液があふれてきたの。
小柄な私を男の人は足と腰を持ち上げたり、後ろからなめてきたりして、1時間以上体中嘗め回してきて・・・わたし。

「挿入して!!!」って言っちゃって。

「お願い、お願い、来て、挿入して!」って叫んでた。

でも、なかなか挿入してこなくて、指でかき回され、子宮にツンツン指で押され感じすぎて。

「あ~~う~~。イク、イク」って叫んじゃいました。

我慢できなくなり、男の物握り、自分からフェラして「アン、あ~、あ~」って悶えて、腰振って要求するようになり、でもまだ挿入してこなくて、指でかきまわされ、とうとう潮吹き(お漏らし?)して、イッちゃいました。
ぐったりした私を彼は腰持ち上げて初めて挿入してきて、ますますテンション上がり、大声で絶叫して「良い、良い、あ~あああああ、イクイク」って叫んでて、またいっちゃいました。

でも、男の人は腰高く持ち上げ、上から挿入してきたり、座位とかバックからいろいろ体位を変えされ、失禁寸前のところで、わたし「キテキテ出して!!!」って、中出ししてもらい、息果てて気絶しそうでした。

その後、わたし肉棒を舐めて、きれいにしてたらビクビクって口いっぱいに大きくなってきて、反り立ってきて・・・。

「あ!あああ!凄い!!!!」

また欲しくなり、騎上位になり、自分から腰を上下に動かしたり、振ったりしてたら肉棒が振動する感じがきて、中出しされたとき、気がす~~~と遠くなり失神してしまいました。
少し時間が経ってから気がつくと窓から朝日が差し込んでて、やさしく男の膝枕で寝てました。

朝一緒にシャワーしながら立ちバックで挿入してもらい、シャワーのお湯かぶりながらフェラして、「あ!ああああ!快感」って思いました。
一緒にお食事して、連絡取り合って分かれました。

最後に「私、女子校生じゃないですよ。22歳です」って、言っておきました。

また、出張で東京に来たら連絡くれるそうでうす。
わたしもあんなSEXならまたお願いしたいです。

働いてる会社の元事務員の育美。

五つ年上の33歳で、むっちり系で、イイお尻してて堪んなかった。
胸も結構ありそうだし、話はよくしてて辞める事も相談されていました。
連絡先は交換済みで、辞めた後も、時々お昼食べていたりもしました。
そして休日夜に呼び出されてみたら夫婦喧嘩したらしく「泊めて欲しい」と言われて、泊めてあげた。

一応向こうはベッドに寝かせて、俺は毛布を掛けてコタツに寝てたら「風邪引くよ」と言われ「隣りで寝ればいいじゃん」と隣りに寝たけど、寝れるわけが無い。

しかも俺の方に横向きになると腕に胸が当たるしで、堪らなかった・・・。

「寝れないの?」と言われて
「やっぱり男だからさぁ」と話すと、
「興奮して眠れないの?」と聞かれて頷くと
「本当?」と腕にしがみ付く。

胸をグイグイ押付けられて「興奮する?」と囁かれて限界。

育美にのし掛かるとおっぱいを掴みそのままセックスしました。

「アンッ!気持ちイイ~」とハメてると悶えまくり、二回も「イクッ!イクッ!」と身体を痙攣しながら悶え、プルンプルンの胸の揺れに我慢出来ず「中はダメ!」と言われて、おっぱい辺りに発射しました。

「凄い沢山出たね」と触ってて、その晩はその後二回もやりまくった。

「激しいエッチだね~!しかも硬くて」と抱き付かれました。

その日から不倫を繰り返して、俺の部屋やホテルで肉付きがいい身体に侵入して快楽を貪りました。
だけど、ナマで挿入してるけど中出しはなかなか許してくれず、三ヶ月過ぎた四月末にあった時。

バックでハメてて「今日は中で出すからね!」と言うと「ダメッ・・・」と言われたけど、グイグイ侵入すると「アッ!イクイクッ!」と腰をガクガクさせ悶えまくりで、抵抗は無いしそのまま中で射精を果たした。
流し込んでゆっくり抜き取るとダラッとアソコから出て来てた。

「出しちゃったの?」と聞かれて「出した」と言うと、何も言わずに横たわってて、その後の正常位は出してもなにも言われなかった。

昨日も逢ってセックスしましたが、出しても怒らないし気持ち良さげな顔でした。

この間、うちの嫁さんの同僚とセックスした・・・。

バツイチで27歳。
なかなか色っぽい感じの女。
3人で居酒屋に行った時の事だ。
「アンタの旦那、メチャ好みや、欲しいなぁ」と、ウチの嫁さんに絡みだした。

初めは冗談だと思っていたが、嫁さんがトイレに立った時、俺の手を握りしめ、潤んだ瞳で囁いてきた。

「なぁ、今日私の家に来ない?一緒に呑もうよぉ!」

冗談みたいな口調だったが、本気だったらしい。
かなり酔っぱらった嫁さんを、うちのアパートに送り、彼女を家まで送った時、俺の手を握りしめたまま彼女はこう言った・・・。

「なぁ、寂しいよぉ・・・。もう少し一緒に呑もう!」

女好きの俺に否は無い。
そっと抱き寄せ、キスをした。

離婚して1年。
かなり寂しかったらしく、凄い求め様だった。
透き通るくらい白い肌をくねらせながら俺のペニスを口で奉仕する。
まだ子供を産んだ事の無いアソコは形も崩れておらず、新鮮だった。
69で長い間愛撫し合った後、じっくりとなぞる様にペニスでアソコを愛撫しながら、徐々に挿入・・・。
かなり締め付ける・・・。
奥まで入れていくと、腰を突き上げてすすり泣く。
激しく唇を求めながら、俺の名を呼ぶ。

唾液を啜りながら、

「あぁ・・・気持ちイイ・・・したかったよぉ・・・アンタと・・・」

ビショビショに濡らした股間を激しく擦り付け、何度も何度も愛液を吹き出し、絶頂の快感に溺れる彼女を見ながら、俺も我慢できず、彼女の口の中に大量に精液を注ぎ込んでしまった・・・。
嫁さんでは得られない征服感。
精液を味わいながら飲み干す女に、また感じて、何度も犯し続けてしまった・・・。
合い鍵を受け取り、体中にキス・マークを刻印して、彼女の家を後にした。
泥酔していた嫁さんにはバレなかったのでホッとした。
週二回は彼女の家に行き、セックスを楽しんでいる・・・。

妊娠はさすがにマズいから、今はピルを常用している。
いつでも「中出し」。
俺の精液まみれでヒクヒクしているアソコを見ていると、また挿入して何度も犯してしまう。
ホントに美味しい生活だ・・・。

正直に言って、俺にはもう一人「恋人」がいる・・・。
その娘は21歳で、俺が軟派して処女を奪った女だ。
この間、初めての絶頂を体験して、調教中・・・。

中年には、3人の相手は辛い。
でも、この中の女は誰にも渡さない。
俺の色に染めてしまってるからだ。

体力が続く限り、頑張って励んでみよう。

このページのトップヘ