官能エロ小説まとめ|おかず図書館

官能小説をまとめてみました

カテゴリ: ナンパ/エロ官能小説

今つき合っている彼女(人妻)の話です。

僕は28歳、彼女は24歳。
旦那さんは32歳で、とてもまじめな人だそうです。
彼女には2歳の子供がいます。
昼間は保育園に預けています。

彼女と僕のアパートはすぐ目と鼻の先で、ほとんど毎週、僕の仕事が休みの水曜日に彼女のアパートでセックスを楽しんでいます。

彼女は専業主婦。
彼女のアパートの住人はどこも共働きで、平日の昼間、アパートには彼女しかいないことがほとんどらしいです。
だから友達も出来ないし、結婚して旦那さんの地元に引っ越して来たため、近くには知り合いも少ない。
昼間はいつも時間を持て余していたそうです。

彼女とは、近くにある公園でよく顔を合わせていたので声もかけやすかった。
彼女、子供と2人でよく公園で日向ぼっこをしてたんです。
そのうち挨拶するようになって、話をするようになって・・・。
子連れだったから期待はしてなかったけど、子供を保育園に預けるようになってから時々公園に一人でいる時があって・・・。

去年の9月、その日も昼飯の弁当を買いに近くのスーパーに行こうとその公園を横切ったら、彼女の姿が見えたので「こんちは」と挨拶をして、「ちょっと弁当買いに」と言ったら、「あ、じゃあ私もお腹すいたから、今日のお昼はお弁当でも買おうかな・・・」と言って一緒に買いに行く事に。
帰りに、「良かったら一緒に食べませんか?」と彼女が言ってきて、公園のベンチで食べて・・・。
2人とも結構会話が弾んできて、彼女が「うちでお茶でもしませんか」ということになって。

「え、いいんですか?」

「どうせ、今日は何もすることないですからどうぞ」

で、彼女のアパートへ・・・。
キッチンでコーヒーを入れてもらい話をしていると、

「暑くて汗かいちゃったからちょっと着替えてくる」といって奥の部屋へ・・・。

戻ってきた彼女はタンクトップと短めの短パン・・・。
何気ない素振りで僕の横にまた座って他愛も無い話をしてました。
時々彼女が動くと彼女のコロンと体臭が混ざった匂いがして・・・。
ちらちらと彼女の胸元に向けてた視線に気が付いたらしく、彼女が黙ったまま僕の顔を見てたので、
「どうしたの?」ととぼけて聞いたけど、彼女は何も答えずにじっと僕の顔を見てる。
いちかばちかと思い、両肩をつかんでキス・・・。
彼女、抵抗しませんでした。

その後は、まず彼女を脱がして裸にし、無我夢中でオッパイにしゃぶりつきました。
右と左の乳首を吸ったり唇に挟んで愛撫してるあいだじゅう、彼女は僕の頭を抱きしめるように撫でてくれて・・・。
その時は、彼女の汗ばんだ肌と匂いにものすごく欲情しました。
彼女に脱がされて、昼間の明るいキッチンで2人とも生まれた姿のままでセックス・・・。

キッチンの椅子に手をつかせて後ろから、そして床の上で汗だくになって夢中で彼女の肌とおまんこをむさぼりました。

帰りに僕の電話番号を教えて、それから現在まで関係が続いています。
まだ、旦那さんにはバレてないので・・・。

実はもう一人、人妻とエッチしてます(こっちは月に2回ぐらい、僕の兄貴の奥さん)。

近いうちにまた投稿します。
友達4人との新年会の報告も書きたいと思います。

彼とは知り合ったのはヨーロッパに旅行する飛行機の中でした。

私は30歳です。
かなりお高い旅行でしたが、生まれて初めてのヨーロッパだし、思い切って一人旅を決めました。
ペアや新婚さん、どう考えても不倫と思われるカップルとか・・・色々で、総勢19名で、添乗員のオバちゃんがついていました。

JALの飛行機で約13時間。
パリのドゴール空港に到着しました。
すっかり疲れました。

バスが迎えに来ていて、早速市内観光です。
一人だけの人は私とその男性だけでした。
勿論シングルユースです。

彼は年齢は多分45、6歳でしょうか?
何となく傷心旅行のような気がしました。

私は会社をやめて、契約社員で行こうと、退職金の半分ぐらいをこの旅行に掛けました。
50万円ぐらいです。
ロンドン、パリ、ローマを12日間で回り14日間の豪華旅行です。

一回ホテルの部屋決めをして荷物を預けて、夜はナイトツアーでまた会う予定でした。
7時頃全員でスタイルをかなり上品に変えて集合しました。

皆さんペアが多いので、添乗員と彼と私で一つのテーブルでした。
フランス料理はそんなに美味しいとは思いませんでしたが、ワインやシャンパンは流石に本場の味でした。
彼とそのときが初めての会話でした。
最初は本音が出ず、私と添乗員の話ばかりを聞いていました。

セーヌ川を船で遊覧しました。
その頃には少しずつ打ち解けて、会話も進みました。
矢張り結婚が上手く行かずに離婚をした、中小企業の社長さんでした。

「まあ殆ど僕が悪いのです。本当に仕事人間で、家にも帰れないぐらいで、彼女は寂しくて他の男と一緒に出かけ家に帰らなくなったのです」という本音でした。

でも、とても可愛くなり、抱きしめてあげたいと思いました。
16歳ぐらい年上ですが、愛には年齢は関係ありません。

その夜から彼の部屋に直行して結ばれました。

やはり年齢が上だとセックスのテクニックは最高です。
私も30歳の恋人がいますが、いつも週末になると私のマンションに来て、身体を求め、自分だけ快感を得ると直ぐに自宅に帰る最低男で、最近は会いたくなくなっていました。
そんなときのSEXですから愛に飢えているし、セックスは本当は大好きなのです。

私は身長は155cmと小柄で、体重も48キロで、胸もAカップぐらいで小さいのですが、男友達は皆な性器を褒めてくれます。
物凄く締りが良く「蛸壺マンコ」といわれ、膣の入り口をイキだすと締めるようなんです。
それと小さいオッパイなのに物凄く感度が良く、吸われただけでイク時もある位です。

彼との初夜は何回もエクスタシーを感じて身体を仰け反らしてイクために、彼もスキンを着けて何回かはイキました。

「君のアソコは凄いよ、俺も今までに何人かと遊んできたけど、君が生まれて初めてのオンナだよ」と嬉しい事を言ってくれます。

普段は殆どしゃぶらないのに彼の陰茎を、何時までも、吸って、擦り、射精をさせました。
少し匂いますが、これには私も性格が変わったと思うほどに飲み込みました。

パリからロンドン、そしてローマとすっかり恋人気分で旅行をしました。
添乗員のオバちゃんも直ぐに気がついて、それからは値段も高いスイートを用意してもらいました。
勿論、彼が全額約50万ぐらいを追加して支払いました。
本当に蜜月旅行で、毎晩抱かれて寝るだけでここに来て良かったと思いました。

帰国して約1週間ぐらいたち、彼の携帯に連絡を入れましたが、繋がりません。
メールも音信不通で届かないようです。

本当に一夜の夢だったのでしょうか。

近頃メルナンが好調。
一ヶ月メル友としてやりとりしてから「会おう」というと、高確率で会える。
会えばもちろんセックス。

今回は、旦那が単身赴任中の人妻裕子。
ぽっちゃりということで心配していたが、不安は的中。
しかし、会った以上はハメ倒すのが礼儀だと思っているオレは、
「若くみえるねえ」「まだまだイケてるよ」と、さっそく褒め殺しモードに。

まずはレストランに入って夕食を済ます。
この女、二人前食いやがった。
店を出て「これからどこへいく?」と聞いてくるので、
「オレ、裕子さんに一目ぼれしちゃった」と言って、肩を抱き、ディープキス。
一方的なキスだったが、嫌がる様子もなかったので、ホテルへ直行。
部屋に入っても、チンポは萎え萎え。
ソファでキスの続きをしながら、服のうえから撫で回す。
そうしている間に括約筋を動かし、チンポを勃たせる。

準備が整ったので、一枚ずつ服を脱がせると、思ったほどたるんでなくて、Fカップの胸も、それほど垂れてはいない。
出産経験がないからだろうか。
とにかく、ラッキー。
がぜん、やる気になり、ベッドに移る。
胸を揉んで、乳首を刺激してやっても反応がない。

「どこが感じるの?」と聞くと、
「クリトリス」との答え。

それならと、下半身に手を延ばす。
裕子は、M字開脚になった。
マンコのでかさにびっくり。
しかも剃毛してある。

旦那とは、とっくに冷めてて、最後にセックスしたのは4年前だという。
そのあいだオナニーもしていないらしい。
また不安になったが、今度は余計な心配だった。
全体をなでまわし、クリトリスに指を移すと、さっそく喘ぎ出し、愛液もたっぷりと出てきた。

こうなると後は簡単。
クリトリスへの刺激で、三分後には昇天させた。

次に膣に指をいれるともう大洪水。
ツツ、と滑らせ、ポイントを見つけ、追い込んでやれば、また絶頂しやがった。
タイミングよく指を引き抜いて、潮吹きも成功。

「きて、きて」と繰り返すので、
「チンポください、だろ」と教えてやると、そのとおりのことを言う。

「何本入れたんだ」と聞くと、
「片手で足りる」とのこと。

オレも裸になって、軽くパイズリ。
さすがFだけあって、気持ちいいことこのうえなし。
だが、この女どうしようもないマグロなので、すぐにパイズリにも飽き、挿入。
オレのデカチンがすんなり入ってビックリ。
外性器同様、穴もでかい。
巨マンとでも言おうか。
正常位でクリを刺激するように腰を使うのがいいようだ・・・と見定め、さっさと三度目をイカせた。

こうなればもうテクニックはいらない。
でかくて遅漏で絶倫という、三拍子そろったタチの悪いチンポを、とことん相手してもらおう。
三十分後、サッと抜いて胸で一発。
すぐさまバックに変えて第二ラウンド。
このポーズだと、裕子はまさに乳牛そっくり。

さらに四十分、ひたすら激しく突きまくって、最後は背中に発射。
三ラウンドにかかろうと思ったが、10回ほどイッた裕子のほうは、壊れかけてて、なにを言っても、「イイ、イク、イキそう」と、寝言のような返事しかしない。
しょうがないので諦めると、ケツを突き出したままの格好で眠ってしまった。

結局、裕子とは、これからも会うことにした。
容姿もテクもだめな牛女だが、マンコがでかいだけあって、思いっきり激しくしても痛がらないのが気に入ったのだ。

高校1年から男性経験は8人ありますが、この間初めて潮吹きしちゃってイクって経験させてくれました。

高校の時の彼氏も、短大の時の彼氏も、OL時代の彼氏も、みんな自分勝手でキスして胸揉んで挿入して・・・自分だけ出してお終いでした。

おもちゃ経験もありますよ。
SEXってこんなものかと思ってました。
私も濡れて感じて気持ち良いって思ってますが、いつもクール?って感じです。

この間、友達とカラオケ行って、夜10時ごろ別れて駅まで一人で歩いていると、30後半の男性が声かけてきて、援交!!
もともと童顔で背も低い私ですが、まさか、高校生に見られるとは思ってなくて・・・。
男の人は「九州から出張で今日夜一人でホテル泊まるの寂しいから付き合って欲しい」って言ってきたの。

う~~ん。

しばらく考えて、若く見られるのって嬉しかったし、3万くれるって言うし、無職の私はOKしました。

ホテルのラウンジで食事して、ワインを飲ませてもらい、部屋に行きました。
男の人はすぐシャワーに行き、わたしはやっぱり帰ろうかなって思ってましたが、悩んでいるうちに男の人出てきて、「みっちゃんもシャワーする??」って聞いてきて。
シャワーして、バスガウン着て出てきたら男の人エッチビデオ見てて、わたしも見てたら・・・。

(え~~SEXってあんなこともこんなこともするの???)

実はエッチビデオ見るの初めてなんです。
見てるうちに、わたし濡れてきて・・・。
そのしぐさを見て、男の人が肩抱いてきて、キスしてきました。

ディープキスに胸揉まれて、指入れてきて、ここまでは今までの男と同じでしたが、この人は違ってました。

愛撫が体中・・・。

指から乳首周りにお腹周りにオマンコ周辺から、舌が奥深くまで入ってきて舌でかき回してくるし、吸われたりして、愛液があふれてきたの。
小柄な私を男の人は足と腰を持ち上げたり、後ろからなめてきたりして、1時間以上体中嘗め回してきて・・・わたし。

「挿入して!!!」って言っちゃって。

「お願い、お願い、来て、挿入して!」って叫んでた。

でも、なかなか挿入してこなくて、指でかき回され、子宮にツンツン指で押され感じすぎて。

「あ~~う~~。イク、イク」って叫んじゃいました。

我慢できなくなり、男の物握り、自分からフェラして「アン、あ~、あ~」って悶えて、腰振って要求するようになり、でもまだ挿入してこなくて、指でかきまわされ、とうとう潮吹き(お漏らし?)して、イッちゃいました。
ぐったりした私を彼は腰持ち上げて初めて挿入してきて、ますますテンション上がり、大声で絶叫して「良い、良い、あ~あああああ、イクイク」って叫んでて、またいっちゃいました。

でも、男の人は腰高く持ち上げ、上から挿入してきたり、座位とかバックからいろいろ体位を変えされ、失禁寸前のところで、わたし「キテキテ出して!!!」って、中出ししてもらい、息果てて気絶しそうでした。

その後、わたし肉棒を舐めて、きれいにしてたらビクビクって口いっぱいに大きくなってきて、反り立ってきて・・・。

「あ!あああ!凄い!!!!」

また欲しくなり、騎上位になり、自分から腰を上下に動かしたり、振ったりしてたら肉棒が振動する感じがきて、中出しされたとき、気がす~~~と遠くなり失神してしまいました。
少し時間が経ってから気がつくと窓から朝日が差し込んでて、やさしく男の膝枕で寝てました。

朝一緒にシャワーしながら立ちバックで挿入してもらい、シャワーのお湯かぶりながらフェラして、「あ!ああああ!快感」って思いました。
一緒にお食事して、連絡取り合って分かれました。

最後に「私、女子校生じゃないですよ。22歳です」って、言っておきました。

また、出張で東京に来たら連絡くれるそうでうす。
わたしもあんなSEXならまたお願いしたいです。

40歳になっちゃいました。

毎日が子供に追われる日々で全然女してないです。
まるで家政婦みたいです。
子供も高校生なり、最近自分の時間が持てるようになり、家で、若いころの服着て、楽しんでます。
そして主人とは年に2~3回あればいいほうです。
だからオナニー始めました。

この間、恥ずかしかったけど今時の若い子の髪形に化粧と格好して買い物に出かけました。
(ヒラミニに見せブラとキャミにジャケットとブーツ)
一見短大生(?)くらいの後姿には見えたはずです。
婦人服、下着売り場出たところで、今日は休みで暇してる風な35くらいの男の人と、ぶつかって私、転んじゃいました。

「きゃ~!」

(あ!パンティー見えたかも?)

すぐ手で押さえました。

男の人が手を差し伸べてきて、起こしてもらい、その場でお話してたら、「お茶でも」って事で喫茶店に入り、いろいろお話して、お互い暇だから映画見ることになり、見てるうちに手と手が触れ、握りあってました。
私はどきどき感で映画どころではありませんでした。
映画終わった瞬間キスされ、え~って思いました。

「映画館出てドライブ行こう」って言い出し、どきどきしながら無言で付いて行き、恥ずかしさでほとんど下を向いてました。

まるで若いころの初デートみたいな気分でした。
車が止まりドアを開けたら・・・。

(え~??ラブホ!ちょっと待って~!)

・・・と言う前に手を引かれ、部屋に入っちゃいました。

入ってすぐ男の人に抱っこされブーツ履いたままベッドに寝かされ、男の人は「映画館の続き」って言い、キスしてきて、首筋から愛撫が始まり脱がされながらキスの嵐です。
こんなこと15年はされたことがなくって・・・ダメって思いながらも感じてました。

パンティーに手がきて脱がされて、顔がきたとき
「あ!ダメ、汚いわ~、シャワーさせて」って言っても聞いてくれなくて、そのまま強引に舌で舐められて、液が溢れてきました。
その後、挿入され、ゆっくり突き上げられながら激しいピストンの繰り返しで、男の人は胸に出してきて・・・。
余韻に浸りながらテッシュで拭いてから、手を引かれながら一緒にシャワーしました。
主人にもされたことのない、洗ってくれて、タオルで拭いてくれました。

抱っこされて、またベッドに行き2回目。
今度は私から反り返った物を銜えて舐めてあげました。
挿入されてから、今度は体位を変えながら、15年ぶりのバックから突かれてピストンにあわせながら腰を振ったりして・・・。
子宮の奥まで突き上げれて、私は久しぶりに逝っちゃって、激しい鼓動と息でしたが、男の人はまだみたいで、さらに激しく突いて突いてきて、失神寸前のところで抜き、口に持ってきて出されました。
口の中いっぱいに出され、そのまま股も開けたまま体硬直してました。

ザーメンが頬から耳元に流れ、首筋に冷たい感じがした時に体が動き、テッシュを取り、拭いてたら、後ろから抱きかかえられ、鏡に私を写しながら乳首とあそこをいじくりまわされ、淫らな、いやらしい顔を見せ付けられて感じちゃい・・・。
あそこからどれだけ出るのかって思うほど出てきて、いやらしい音が部屋中響いてました。

しばらくして3回目。
もう体力なくってされるまま突かれてました。
途中で失神したと思います。

気がついたとき、お尻に冷たい感じがして、見たらあそこからザーメンが???
中出しされてました。
気持ち良くって「出して~中に~~」って言ってたのが、後で記憶が帰ってくるのを思い出しました。

一夜、いや一昼の無茶無茶気持ちよかったSEXを味わえました。

このページのトップヘ