官能エロ小説まとめ|おかず図書館

官能小説をまとめてみました

カテゴリ: 泥酔/官能エロ小説

結婚してから(社会人の)サークル仲間と冬に鍋をやりました。

独身の男の子のマンションで集まりましたが、独身の女の子2人は夜に途中で帰って行きました。
みんな結構お酒が入っていて
「華ちゃんってお尻大きいよねー」とかHな話になってきて、わたしも酔っていて・・・。
旦那の友達の男の子(サークル仲間)3人に輪姦されました・・・。

その時のはすごかったですねー・・・。
3人に輪姦されたときは一人、後輩の子がいて、周りの男の子が

「こいつ(後輩)、華ちゃんのこと好きなんだってさ」

わたしは友達2人に腕を押さえられて後輩にGパンとパンツを脱がされました。
お酒のせいで力が入らず、されるがままに・・・。

後輩の子は「先輩のことずっと好きでした。あこがれの先輩のココ、見たかったんです・・。ジャージの上からお尻見てました・・・思ってた通り大きいんですね・・・」とわたしのお尻の穴を舐めてきました・・・。

「だめ・・・汚いよ・・・そんなトコ・・・」
「先輩のなら汚くないですよ・・」

4つも年下の男の子にお尻のおニクをつかまれながら肛門を舐められるなんて・・・。
ニオイとか恥ずかしくて屈辱でした・・・。

先輩にフェラさせられて後輩にバックで突かれ、もう一人はお尻の穴に指をいれてぐりぐりされました・・・。
フェラは丁寧にバキュームしたり、先端の穴を、舌を尖らせてチロチロと唾液をからませながら刺激して・・・。

「旦那がうらやましいよなーこんなカラダを毎日楽しめるんだから・・・フェラもすごいウマいよ・・・」

「先輩の中、気持ちいい・・オレ・・もう・・いきますよっ・・・」

後輩の男の子はバックで中出ししてきました。
後輩は私の中でいき、射精の余韻に浸っているようでした。

フェラしてあげている先輩は「フェラでイキそう・・口の中なんてもったいない・・オレにも入れさせて・・」と先輩(既婚者)が交代で正常位で挿入・・・。

後輩は代わりにオチンチンをわたしの口の中へ・・・。
草のような独特の香りがしましたが、さすがに若い・・・もうビンビンでした。
旦那と同じくらい・・・。

「・・私、結婚してるんだから・・・もうやめて・・・あっああん!!・・あはっ・・みんな、中なんてだめっ・・ダメだよう・・・」

先輩2人も結局わたしに中出ししてきました・・・。

冬なのに熱気ムンムンの男3人に囲まれて(凄くみんな近い)、わたしは結婚していて子供も2人いるのにサークル仲間にカラダを奪われ、輪姦されました・・・。
ひとり2回ずつくらい出されたかも・・・。

「自分よりも年下の男の子と先輩に、結婚してるから見せちゃいけない相手にあそこを見せて寝取られちゃってる・・・すごく気持ちいい・・・先輩の(玉)袋は大きいのに・・・、ぜんぶ膣に流し込まれちゃった・・・。3人とも性格も容姿も違う男性なのに・・・一度に全員の体液(精子)を受け入れちゃった・・・私の膣の奥で3人分の精子が混ざって粘膜にくっついてる感じがする・・・」

旦那には内緒で、今思い出しても興奮してきます・・・。

【小説のあらすじ】
アキ(18歳♂)はサークルの飲み会で内向的な雰囲気のメガネJD(加奈18歳♀)と知りあった。加奈は飲み過ぎてゲロまみれになりアキは介抱していたがメガネを外すと、かなり可愛くてゲロ臭の唇を吸いまくる末路・・・・・・
ローター放置プレイ

 続きを読む

【小説のあらすじ】
智樹(35)は会社の部下(今日子21)と約束していた焼肉に連れて行った。智樹は事前に用意していた睡眠薬と数種類のドラッグを今日子にバレないよう酒に混ぜ、深く眠らせた結末・・・・・・
電マで寸止め調教


 続きを読む

【小説のあらすじ】
会社が倒産し、解散飲み会に参加したダイゴ(31)は事務員として働いていた暁美(26)をホテルに連れ込んだ。予想外に暁美は処女で痛がっていたが、構わず奥まで挿入し突きまくるダイゴの末路・・・
アヘ顔で中出しされる女
 続きを読む

【小説のあらすじ】
通学の関係で叔母の明子(47)の家に居候する昌浩(18)。女遊びに夢中で家に帰ってこない夫に対しヒステリックになる明子は泣きながら昌浩にキスをしてくる末路・・・・・・
ドS女のパイズリ焦らし責め



 続きを読む

このページのトップヘ